濱田岳はラグビー部で活躍していた? 出身高校は進学校で頭がいい?

プロモーションが一部含まれています
濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんと言えば独特の存在感があり、いろんな役柄を演じている俳優さんですよね。

そんな濱田岳さんは、高校時代にラグビー部だったそうです。

体育会系のイメージがない濱田岳さんは、本当にラグビー部だったのでしょうか。

また、濱田岳さんの出身高校は、進学校で頭がいいという噂もあります。

濱田岳さんのラグビー部の噂や出身高校について調べてみました。

目次

<スポンサードリンク>



濱田岳はラグビー部だった?

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんは、高校時代にラグビー部だったのでしょうか。

濱田岳はラグビー部?

濱田岳さんは、噂通り高校時代にラグビー部に入っていました。

実は、中学生の頃からラグビー部に所属していたんです。

濱田岳のポジションはどこ?

濱田岳さんのポジションは、「スクラムハーフ」でした。

スクラムハーフはどんなポジション?

濱田岳さんが任されていた「スクラムハーフ」は、簡単に説明すると「パスをする回数が最も多いポジション」です。

ラグビーは、パスの正確さによって勝敗が左右されることもあるので、スクラムハーフは重要なポジションなんです。

頻繁にパスをするには、すばやい身のこなしや持久力が要求されます。

その点から、スクラムハーフは「小柄な人が適任」とも言われています。

ちなみに、実際のラグビー選手で濱田岳さんと同じくらいの身長、もしくはそれより低い選手でも「プロ」として活躍しています。

<スポンサードリンク>



ラグビーと芸能活動の選択

濱田岳さんは、ラグビーをするために、芸能活動を休止しているんです。

ラグビーと芸能活動のどちらかを選ばないといけない状況になったときに、濱田岳さんは、ラグビーを選びました。

子役時代から活動していた芸能活動を休んでまで、ラグビーを選ぶほどラグビーが好きだったんですね。

>>>今までの出演作をチェックするなら【PR】⇒無料トライアル

濱田岳の高校はどこ?

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんがラグビー部に入っていた高校は、どこなのでしょうか。

濱田岳の高校は進学校!

濱田岳さんは、実は中学受験を経て、中高一貫の「獨協高等学校」に進学していました。

中高一貫の学校のため、高校の偏差値は設定されていませんが、64ぐらいと言われています。

実は、濱田岳さんが通っていた頃の独協中学の偏差値は、もっと高かったそうです。

そのため、医者を目指す子が多い「進学校」として有名でした。

濱田岳の高校の場所は?

〒112-0014 東京都文京区関口3丁目8−1

濱田岳の高校の卒アル画像はある?

濱田岳さんの卒アル画像は、ありませんでした。

しかし、濱田岳さんのラグビー部時代の画像がありました。

高校時代からあまり変わっていない印象を受けますね。

また、濱田岳さんの卒アル画像がないということには、理由があるんです。

濱田岳は高校を中退していた?

実は、濱田岳さんは、高校を中退していました。

中退の理由は、ドラマ「3年B組金八先生」の出演が決まったからです。

ドラマに出演することになると長期間高校を休むことになるので、濱田岳さんは、悩んだそうです。

しかし、最終的には、俳優として生きる道を選びました。

<スポンサードリンク>



濱田岳が出演したかったラグビードラマに出演!

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

高校を辞めて俳優として活躍する濱田岳さんですが、どうやらラグビーの夢は、捨てきれていなかったのでしょうか。

濱田岳さんは、どうしても出たかったドラマがあったのです。

濱田岳が出たかったドラマは?

濱田岳さんが出演したかったドラマが、「ノーサイド・ゲーム」でした。

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、ラグビーをテーマにした内容でした。

このドラマを視聴者として観ていた濱田岳さんは、このドラマへの出演したいと自ら申し出たそうです。

その願いが叶い、濱田岳さんはなんと、最終回目前の第9話で出演が決まりました。

ラグビードラマの濱田岳の役は?

濱田岳さんの役は、アストロズのライバルチームの選手「狩野伸太郎」でした。

しかも、ポジションは、濱田岳さんの高校時代と同じ「スクラムハーフ」だったんです。

出演が決まった際、濱田岳さんは、とても感激していました。

しかも、役名が、金八先生で濱田岳さんが演じた役と同じ名前だったんです。

<スポンサードリンク>



濱田岳はラグビー部で活躍していた? 出身高校は進学校で頭がいい?のまとめ

これまで数々のドラマや映画に出演している濱田岳さんですが、実はラグビー部で活躍し進学高校出身という事も判明しました。

しかも、高校一年生の時に将来を左右する、学校か芸能活動を再開する選択に迫られ、高校を中退していました。

芸能活動を選んだ理由が「勉強はやろうと思えばいつでもできるが、役者は選んでもらえないとできない」と、素晴らしい答えまで。

その後濱田岳さんは、「ノーサイド・ゲーム」でまたラガーマンとしての役もしましたし、ラグビーに関しては思い残すことはないのではないでしょうか。

きっと濱田岳さんなら、どんな環境でもやっていく根性ができていると思いますので、大丈夫な方なのだと思います。

引用:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009071342_00000

<<スポンサードリンク>>
目次