濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんと言えば、auのCMでの金太郎役を思い浮かべる人、多いのではないでしょうか。

濱田岳さんは、高校時代にラグビー部だったそうなのです。

芸能活動をしながら、ラグビー部に入ってラグビーをすることができるのでしょうか。

そこで、濱田岳さんは、本当にラグビー部だったのかを調べてみました。

また、ラグビーをしていたとすれば、どこの高校だったのかも気になりますよね。

 

そう言われると濱田岳さんは、auのCMでラグビーをしていたシリーズがありましたよね。

他にも、芸能活動をしながら濱田岳さんて、どこの高校に通っていたのかも気になります。

 

<スポンサードリンク>



濱田岳はラグビー部だった?

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんは、高校時代にラグビー部だったのでしょうか。

濱田岳はラグビー部?

濱田岳さんは、高校時代にラグビー部に入っていました。

実は、中学生の頃からラグビー部に所属していたんです。

そこでラグビーの魅力に気づいたそうです。

ラグビーと芸能活動の選択

濱田岳さんは、ラグビーをするために、芸能活動を休止しているんです。

ラグビーと芸能活動のどちらかを選ばないといけない状況になったときに、ラグビーを選びました。

子役時代から活動していた芸能活動を休んでまで、ラグビーを選ぶほどラグビーが好きだったんですね。

濱田岳のポジションはどこ?

濱田岳さんはラグビーで、「スクラムハーフ」と言うポジションを任されていました。

ラグビーと言えば、体が大きい人がするイメージがありますよね。

濱田岳さんは、身長160cmですので決して大きいとは言えません。

しかし、スクラムハーフは、身長の高さは問題がないポジションなんだそうです。

スクラムハーフはどんなポジション?

濱田岳さんが任されていた「スクラムハーフ」と言うポジションは、簡単に説明すると「パスをする回数が最も多いポジション」なのです。

ラグビーは、いかに正確にパスをするかによって勝敗が決まりますので、スクラムハーフは重要なポジションなのです。

しかも頻繁にパスをする事になる為、すばやい身のこなしや持久力が要求されます。

そう言った事から、スクラムハーフは「小柄な人が適任」とも言われています。

ちなみに、実際のラグビー選手で濱田岳さんと同じくらいの身長、もしくはそれより低い選手でも「プロ」として活躍しています。

<スポンサードリンク>


濱田岳の高校はどこ?

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

ラグビー部だった濱田岳さんの高校は、どこなのでしょうか。

濱田岳の高校は進学校!


濱田岳さんは、実は中学受験を経て、中高一貫の「獨協高校」(どっきょう)に進学していました。

残念ながら今の獨協中学の偏差値は、昔に比べるとかなり下がっているみたいです。

しかし、濱田岳さんが進学したころは、医者を目指す子が多い「進学校」として有名でした。

濱田岳さんは、そんな進学校に通っていたのです。

もちろん、学業以外にもラグビーも頑張っていました。

濱田岳さんて、努力家なのでしょうね。

濱田岳が経験した大きな選択

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

濱田岳さんの高校生活が大きく変わる選択を迫られる事件が起きました。

濱田岳に来た「金八先生」のオファー

濱田岳さんが高校一年生の時に、転機が訪れたのです。

なんと、武田鉄矢さん主演の「金八先生」の出演オファーが来たのです。

金八先生と言えば、高視聴率ドラマの中のひとつですよね。

当時のドラマのテーマは、実際の教育現場の課題となることもありました。

濱田岳が迫られた選択は?

濱田岳さんがオファーを受けた金八先生は、秋から春の2クール放送される事が決まっていました。

という事は、濱田岳さんがこのオファーを受けるとなると、半年間も学校を休まないといけなくなるのです。

半年も学校を休むとなると、さすがに留年の可能性もありますし、勉強も遅れますよね。

それに濱田岳さんは、もし金八先生が終わった以降も、オファーが増えたらとても学業を優先する事が難しくなると考えたのかもしれません。

濱田岳が選んだ道

濱田岳さんは、相当悩みました。

そして、最終的に芸能活動を選びました。

しかも高校を辞めてしまったんです。

親目線から見ると、「芸能界なんて不安定な職業」というイメージが強いので、「せっかく中学から行っている高校を辞めるなんてもったいない!」と言う思いもあったのではないでしょうか。

濱田岳が芸能界を選んだ理由は?

濱田岳さんは、学校を辞めてまで芸能界に復帰した理由を「勉強はやろうと思えばいつでもできるが、役者は選んでもらえないとできないから」と、答えていました。

すごく納得のできる答えだと思います。

弱冠15~16歳なのに「素晴らしい答えを出したなぁ」と感心します。

その後、濱田岳さんは、数々の役を演じていますよね。

きっと芸能界を選んだのは、間違った選択ではなかったと思います。

<スポンサードリンク>



濱田岳が出演したかったラグビードラマに出演!

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?

高校を辞めて俳優として活躍する濱田岳さんですが、どうやらラグビーの夢は、捨てきれていなかったのでしょうか。

濱田岳さんは、どうしても出たかったドラマがあったのです。

濱田岳が出たかったドラマ「ノーサイド・ゲーム」


2019年放送の大泉洋さん主演のドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、ラグビーチーム・アストロズが中心となった内容でした。

このドラマを視聴者側として観ていた濱田岳さんは、強く出演希望を番組側に懇願したのだそうです。

その願いが叶い、濱田岳さんはなんと、最終回目前の第9話で出演が決まりました。

ラグビードラマの濱田岳の役は?

濱田岳さんの役は、アストロズのライバルチームの選手「狩野伸太郎」でした。

しかも、ポジションは、濱田岳さんの高校時代と同じ「スクラムハーフ」だったんです。

出演が決まった際、濱田岳さんは

こんなにも熱いドラマにラガーマンとして少しでも役に立てるなら協力したい!何役でも構わない!と思い、マネジャーさんを通じて番組サイドに伝えてもらいました。それから時間が経って、もう出演はないのかなと思っていたらお話を頂きまして。レギュラーのスクラムハーフという凄い大役をいただき、正直驚いています

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/07/kiji/20190907s00041000128000c.html

と、感激していました。

しかも濱田岳ラガーマンとして出演が決まった際、それだけではなかったのです。


実は、濱田岳さんの役名である「狩野伸太郎」とは、なんと金八先生に出演した生徒名と同じなのです。

濱田岳さんのファンからすると、テレビ局の粋な計らいに興奮した事は、言うまでもないと思います。

濱田岳はラグビー部? 高校はどこ?のまとめ

これまで数々のドラマや映画に出演している濱田岳さんですが、実はラグビー部で活躍し進学高校出身という事も判明しました。

しかも、高校一年生の時に将来を左右する、学校か芸能活動を再開する選択に迫られ、高校を中退していました。

芸能活動を選んだ理由が「勉強はやろうと思えばいつでもできるが、役者は選んでもらえないとできない」と、素晴らしい答えまで。

その後濱田岳さんは、「ノーサイド・ゲーム」でまたラガーマンとしての役もしましたし、ラグビーに関しては思い残すことはないのではないでしょうか。

きっと濱田岳さんなら、どんな環境でもやっていく根性ができていると思いますので、大丈夫な方なのだと思います。

引用:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009071342_00000