濱田岳は金八先生に出演していた?卒業式もらった贈る言葉とは?

プロモーションが一部含まれています
濱田岳金八3

濱田岳さんは、数々のドラマやCMなどで活躍中の俳優ですね。

実は、濱田岳さんは、子役デビューしていて、芸能歴はかなり長いんです。

そんな濱田岳さんは、「3年B組金八先生」にも生徒役で出演していました。

濱田岳さんは、金八先生でどんな役を演じていたんでしょうか。

また、濱田岳さんが、卒業式で金八先生からもらった「贈る言葉」とは、どんな言葉だったんでしょうか。

目次

<スポンサードリンク>



濱田岳が出演した金八先生は?

濱田岳さんが出演した「3年B組金八先生」の内容についてまとめていきます。

濱田岳が出演した「3年B組金八先生」は?

濱田岳さんが出演していたのは、2004年に放送された3年B組金八先生の第7シリーズでした。

濱田岳の役名は?

濱田岳さんの役名は、狩野伸太郎役でした。

濱田岳さんの役は、クラスのムードメーカー的存在でした。

時々、金八先生の痛い所を突く少々厄介な生徒を演じていました。

>>>今までの出演作をチェックするなら⇒無料トライアル

濱田岳が金八先生にもらった「贈る言葉」とは?

濱田岳さんは、金八先生から卒業式に贈る言葉をもらっています。

それは、どんな言葉だったのでしょうか。

濱田岳が金八先生にもらった「贈る言葉」は?

濱田岳さんが、金八先生からもらった「贈る言葉」は「新」でした。

濱田岳さんに「新」と言う漢字を贈った際、金八先生から理由を説明されています。

その理由は、「立っている木を斧で斬ると新しい香りがします。新しい香りのする男になって下さい」でした。

恐らく、「新しい香り」とは、「これからも俳優として新しい役を貰い、そこでたくさん演技の経験を積んで欲しい」と言う意味だったのではないでしょうか。

金八先生の贈る言葉はアドリブ?

「3年B組金八先生」では、卒業式に金八先生が生徒一人一人に贈る言葉と、漢字1文字をプレゼントする恒例行事があります。

贈る言葉とプレゼントする漢字1文字は、脚本家ではなく、本当に武田鉄矢さんが考えるのだそうです。

武田鉄矢さんは、共演した子役たちの事を「役だけの関係」とは思わず、本当に自分の生徒と思って接していたのでしょうね。

「3年B組金八先生」の卒業式が感動的なのは、そこにも理由があるのかもしれませんね。

<スポンサードリンク>



濱田岳に「泣くな」と言った金八先生の真意とは?

「3年B組金八先生」の卒業の際、監督、金八先生は濱田岳さんに「泣くな」と要求しました。

それは、どんな意図があったのでしょうか。

<スポンサードリンク>



濱田岳に「泣くな」と言った金八先生の真意は?

感動する卒業式の贈る言葉、いくら演技と分かっていてもやはり泣かずにはいられませんよね。

しかし、演出家と金八先生こと武田鉄矢さんは、濱田岳さんにだけ泣く事を許しませんでした。

実は、武田鉄矢さんは、濱田岳さんは「3年B組金八先生」が終わっても俳優としてやっていく才能があると感じていたのです。

武田鉄矢さんは、濱田岳さんに対しては、「これで終わりじゃない。だからまだ泣くには早い」といった意味を込めて言いたかったのでしょう。

当時、濱田岳さんは、金八先生の贈る言葉を聞いて、必死で涙をこらえたのだそうです。

<スポンサードリンク>



濱田岳は金八先生に出演していた?卒業式もらった贈る言葉とは?のまとめ

濱田岳さんが出演した2004年放送の金八先生についてまとめました。

金八先生こと武田鉄矢さんは、濱田岳さんの俳優の才能に気づき「新」という漢字を贈りました。

濱田岳さんにとって、一生忘れる事のできない言葉だったのは言うまでもありません。

ただ、俳優として認めたが故、卒業式のシーンは「泣くな!」とかなり無茶な要求をしたのです。

実際の卒業シーンで濱田岳さんは、必死に涙をこらえました。

今では、本当に素的な俳優さんに成長したのではないでしょうか。

引用濱田岳公式

<<スポンサードリンク>>
目次