優希美青 大学

2012年に「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを受賞した後、朝ドラ「あまちゃん」や「デスノート」、「ちはやふる」など様々な作品に出演し女優として活躍している優希美青(ゆうき みお)さん。

私生活では、漫画「名探偵コナン」が大好きで、「コナン君のような人がタイプ」と話すほどです。

そんな優希美青さんは、中学生のころに芸能界デビューを果たし、山形県から上京をしています。

中学卒業後、優希美青さんは、どこの高校へ通いどこの大学へ進学したのでしょうか?

そこで、優希美青さんの出身大学や高校について調べていきます!

<スポンサードリンク>



優希美青の出身大学はどこ?

優希美青 大学

優希美青さんの出身大学についてです。

<スポンサードリンク>



大学に進学していない?

結論から言うと、優希美青さんは大学に進学していない可能性が高いです。

それは、優希美青さんが高校を卒業した時に大学について語っていないからです。

また、大学生活についても一切話していないことや、大学に通う優希美青さんの目撃情報が一切ありません。

このことから、優希美青さんが大学へ進学していない確率は高そうです。

<スポンサードリンク>



大学に進学しなかった理由は?

高校卒業後に大学へ進学しなかった理由は、「仕事」が関係していると言われています。

優希美青さんは、高校生の頃に一時的に芸能活動を停止しています。

その後、高校3年生のころに芸能活動を再開。

再開後は、映画「ちはやふる」や「ママレード・ボーイ」、「うちの執事が言うことには」など次々と話題作に出演し始めました。

そのため、学業よりも仕事を優先し、女優として専念することに決めたのだと考えられます。

<スポンサードリンク>



優希美青の出身高校はどこ?

優希美青 大学

優希美青さんの出身高校はどこでしょうか?

<スポンサードリンク>



優希美青の出身高校は?

中学の頃に山形から東京へ引っ越した優希美青さんは、目黒区の中学に通い始めます。

その後高校へ進学しましたが、具体的な学校名を明かしてはいません。

ただし、既に芸能活動をしていたため、芸能人ご用達の学校である堀越学園か日出高校だと言われています。

また目黒区に住んでいたことから、同じ区内で芸能活動にも優しい、目黒日本大学高校に通っていたという噂もありました。

<スポンサードリンク>



高校時代に転校も経験

優希美青さんは、高校の時に転校をしています。

2017年12月のインタビューで、「途中で転校したこともあったから、新しい友達を作りたい」と答えていました。

どこの高校へ転校したのか明らかにしていませんが、このころから芸能活動を本腰を入れ始めたことから、通信制の高校に転校した可能性も高そうです。

<スポンサードリンク>



優希美青が高校時代に出演した作品は?

優希美青さんが、高校時代に出演した作品を紹介します。

①ドラマ「デスノート」

1作品目は、2015年のドラマ「デスノート」です。

映画やミュージカル化され話題となった「デスノート」のドラマ版です。

映画や原作にはないオリジナルキャラやストーリーで、話題となりました。

優希美青さんが演じたのは、次々と殺人を犯すキラの正体を暴く「ニア」役を演じています。

女性でも男性でもない中性的な雰囲気を、見事に演じ切りました。

②映画「暗殺教室」

2作品目は、2015年の映画「暗殺教室」です。

「暗殺教室」は、タコの形をした宇宙人が突如担任としてやってきて、タイムリミットまでに暗殺しないといけないというストーリーです。

優希美青さんは、クラスのマドンナ的存在の神崎有希子役を演じました。

<スポンサードリンク>



優希美青が高校卒業後に出演した作品は?

優希美青さんが、高校卒業後に出演した代表作を紹介します。

①映画「ちはやふる -結び-」

1作品目は、映画「ちはやふる -結び-」です。

「ちはやふる -結び-」は、2018年3月に公開された映画で、優希美青さんは当時19歳でした。

優希美青さんが演じたのは、主人公と同じかるた部の部員・花野菫です。

最初は競技かるたに興味はなく、好きな男の子を追ってかるた部に入部する恋愛体質の女の子を演じました。

②映画「ママレード・ボーイ」

2作品目は、映画「ママレード・ボーイ」です。

「ママレード・ボーイ」は、「ちはやふる -結び-」と同じ2018年公開の映画でした。

優希美青さんは、主人公の親友である秋月茗子を演じています。

大人っぽい雰囲気で学校の先生と恋愛に堕ちる女子高生役を、見事に演じました。

③映画「うちの執事が言うことには」

4作品目は、2019年公開の映画「うちの執事が言うことには」です。

「うちの執事が言うことには」は、名門烏丸家の当主と烏丸家に仕える執事が、次々と起こる陰謀や難事件を解決していく作品です。

優希美青さんは、ヒロイン役である雪倉美優役を演じました。

<スポンサードリンク>

優希美青の出身大学や高校はどこ?のまとめ

優希美青さんの出身大学や高校について、調べてきました。

優希美青さんは、芸能活動に力を入れるために大学へ進学していない可能性が高いことが分かりました。

元々、優希美青さんが芸能界に入った理由は、「多くの人を元気にしたい」からです。

多くの人を元気にするために、優希美青さんは学業よりも女優業へ専念することに決めたのかもしれませんね。

引用:https://walkingman-movie.com/