梅雨入りと梅雨明けは京都府

ゴールデンウィークが終わり少し暑く感じ始めたら、もう梅雨はそこまで来ていますよね。

気温も上がってきているのに、梅雨になると湿気も高くなってますます過ごしにくく感じます。

「梅雨なんてこなければいいのに」と思っても梅雨の季節はやってきますよね。

今年の梅雨って、一体いつから始まるのでしょうか。

また、梅雨明けはいつになるのでしょうか。

早速、今年(2021年)の京都府の「梅雨入り」と「梅雨明け」がいつ頃になるのかをまとめました。

<この記事の関連記事はこちら>

梅雨の湿気対策グッズ【2021年最新】!嫌なじめじめも今年は快適に!

梅雨明け後には熱中症が急増!事前に準備しておきたいアイテム【2021年最新版】

<スポンサードリンク>




2021年に京都府が梅雨入りするのはいつ?

梅雨入り関西1

まず最初は、京都府が「いつ頃梅雨入りするのか」についてまとめました。

2021年の「京都府の梅雨入り」はいつ?

京都府の梅雨入りは、6月7日頃なりそうです。

<スポンサードリンク>

京都府の平年の梅雨入りは?

梅雨入りが多少ずれることもありますので、目安となる時期についてもまとめておきます。

京都府が、平年梅雨入りする目安は、5月29日~6月12日頃です。

京都府の梅雨入り時期の注目スポットといえば?


京都のおすすめスポットといえば、「清水寺」は外せないですよね。

その季節ごとの四季も楽しめるので、清水寺は、何度でもいきたい場所ですね。

<スポンサードリンク>




2021年に京都府が梅雨明けするのはいつ?

梅雨明け2

次に、京都府が「梅雨明けする時期」についてまとめました。

2021年の「京都府の梅雨明け」はいつ?

2021年に京都府が梅雨明けするのは、7月21日頃す。

<スポンサードリンク>

京都府の平年の梅雨明けは?

京都府の「平年の梅雨明け」目安は、7月14日~28日でした。

京都府の梅雨明け後の注目スポットといえば?


梅雨明けの天気がいい日に行きたい観光スポットが、「天橋立」です。

日本三景の1つになっている景色は必見です。

<スポンサードリンク>




梅雨入りと梅雨明けはいつ?京都府の予想!【2021年最新】のまとめ

2021年の京都府の「梅雨入り」と「梅雨明け」が、いつになるかをまとめました。

京都府では、6月7日頃に梅雨入りして、7月18日頃に梅雨明けする可能性が高いです。

あらかじめ梅雨の時期を知っていれば、予定が立てやすいですよね。

梅雨入りの時期は、その年によって前後することもあるので、天気予報もチェックしておきたいところですね。

<この記事の関連記事はこちら>

梅雨の湿気対策グッズ【2021年最新】!嫌なじめじめも今年は快適に!

梅雨明け後には熱中症が急増!事前に準備しておきたいアイテム【2021年最新版】