梅雨入りと梅雨明けは鹿児島県

梅雨入りするとじめじめとして苦手な人も多いですよね。

しかし、梅雨は毎年やってきますよね。

いつ梅雨入りするのかわかっていれば、準備ができますよね。

また、梅雨明けがいつかわかれば、そのあとの予定も立てやすいですからね。

早速、今年(2021年)の鹿児島県の「梅雨入り」と「梅雨明け」がいつ頃になるのかをまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年に鹿児島県が梅雨入りするのはいつ?

梅雨入り

まず最初は、鹿児島県が「いつ頃梅雨入りするのか」についてまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年の「鹿児島県の梅雨入り」はいつ?

鹿児島県の梅雨入りは、5月31日頃になりそうです。

<スポンサードリンク>



鹿児島県の平年の梅雨入りは?

梅雨入りが多少ずれることもありますので、目安となる時期についてもまとめておきます。

鹿児島県が、平年梅雨入りする目安は、5月24日~6月7日です。

<スポンサードリンク>



鹿児島県の梅雨入り時期の注目スポットといえば?

この投稿をInstagramで見る

 

しゅん(@shund5600z7.pho)がシェアした投稿


滝幅210メートル、高さ12メートルの壮大なスケールを誇っているのが、「曽木の滝」です。

実は、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれている曽木の滝は、圧巻です。

雨で水量が増えているとますます迫力があります。

もちろん近づきすぎると危険なので、安全な場所で満喫したいですね。

<スポンサードリンク>



2021年に鹿児島県が梅雨明けするのはいつ?

梅雨明け

次に、鹿児島県が「梅雨明けする時期」についてまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年の「鹿児島県の梅雨明け」はいつ?

2021年に鹿児島県が梅雨明けするのは、7月14日頃です。です。

<スポンサードリンク>



鹿児島県の平年の梅雨明けは?

鹿児島県の「平年の梅雨明け」目安は、7月7日~7月21日です。

<スポンサードリンク>



鹿児島県の梅雨明け後の注目スポットといえば?


世界遺産の屋久島ですね。

縄文杉を始め、島全体の大自然を楽しみたいですよね。

<スポンサードリンク>

梅雨入りと梅雨明けはいつ?鹿児島県の予想!【2021年最新】のまとめ

2021年の鹿児島県の「梅雨入り」と「梅雨明け」が、いつになるかをまとめました。

鹿児島県では、5月31日頃に梅雨入りして、7月14日頃に梅雨明けする可能性が高いです。

あらかじめ梅雨の時期を知っていれば、予定が立てやすいですよね。

梅雨入りの時期は、その年によって前後することもあるので、天気予報もチェックしておきたいところですね。