梅雨入りと梅雨明けは青森県

梅雨の時期になると雨が続き、外出が嫌になってしまいますよね。

曇天を眺めながら、家で過ごすことも多くなるかもしれませんね。

また、雨が降っていても出かけないといけない人も多いです。

早く梅雨が終わってくれればいいのにと思う人も多いのではないでしょうか。

今年の梅雨はいつから始まって、梅雨明けがいつになるのかが気になりますよね。

そこで、今年(2021年)の青森県の「梅雨入り」と「梅雨明け」がいつ頃になるのかをまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年に青森県が梅雨入りするのはいつ?

梅雨入り東北

まず最初は、青森県が「いつ頃梅雨入りするのか」についてまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年の「青森県の梅雨入り」はいつ?

青森県の梅雨入りは、6月14日頃になりそうです。

<スポンサードリンク>



青森県の平年の梅雨入りは?

梅雨入りが多少ずれることもありますので、目安となる時期についてもまとめておきます。

青森県が、平年梅雨入りする目安は、6月7日~6月21日です。

<スポンサードリンク>



青森県の梅雨入り時期の注目スポットといえば?


青森県の観光スポットといえば、「弘前城」です。

弘前城は、保存状態がよく、建築当時の形態が残っている珍しい城の1つです。

市内という交通の便の良さからも手軽に行ける人気観光地になっています。

<スポンサードリンク>



2021年に青森県が梅雨明けするのはいつ?

梅雨明け東北

次に、青森県が「梅雨明けする時期」についてまとめました。

<スポンサードリンク>



2021年の「青森県の梅雨明け」はいつ?

2021年に青森県が梅雨明けするのは、7月28日です。

<スポンサードリンク>



青森県の平年の梅雨明けは?

青森県の「平年の梅雨明け」目安は、7月21日~8月4日の間でした。

<スポンサードリンク>



青森県の梅雨明け後の注目スポットといえば?


青森県で梅雨明け後に行きたいスポットが、「奥入瀬渓流」です。

自然が生み出す奥入瀬渓流を代表するのが、「阿修羅の流れ」です。

木立のあいだを、その名のとおり激しく流れる水がつくりだす景観は魅力的で、各メディアで頻繁に紹介されています。

直接見てみるとその魅力をさらに実感出来るスポットです。

<スポンサードリンク>

梅雨入りと梅雨明けはいつ?青森県の予想!【2021年最新】のまとめ

2021年の青森県の「梅雨入り」と「梅雨明け」が、いつになるかをまとめました。

青森県では、6月12日頃に梅雨入りして、7月25日頃に梅雨明けする可能性が高いです。

あらかじめ梅雨の時期を知っていれば、予定が立てやすいですよね。

梅雨入りの時期は、その年によって前後することもあるので、天気予報もチェックしておきたいところですね。