筒美京平の誤嚥(ごえん)性肺炎

筒美京平さんが亡くなられたというニュースが報道されました。

筒美京平さんといえば、数多くのヒット曲を作曲した昭和を代表する作曲家でした。

気になるのは、誤嚥(ごえん)性肺炎という聞きなれない病名です。

筒美京平さんの誤嚥(ごえん)性肺炎とは?どんな病気なのか調べてみました。

<スポンサードリンク>



筒美京平の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?

作曲家の筒美京平さんが今月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎により死去していたことが分かった。80歳。筒美さんの個人の音楽出版事務所の代行を行っている日音が発表した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/824944b9ed0fb64d60c4abaeac18c61cd64e4830

肺炎と聞くとコロナと思ってしまいがちですが、コロナと関係あるのでしょうか。

<スポンサードリンク>


筒美京平の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?

誤嚥(ごえん)性肺炎の原因は?

 物を飲み込む働きを嚥下機能、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症します。吐物を大量に吸引した場合には胃酸による化学性肺炎を起こすことがあり、メンデルソン症候群と呼ばれます。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=11

簡単にいうと、筒美京平さんが口にしたものが、食道ではなく、気管に入ってしまった。

そして、その時に、細菌も一緒に入ってしまった可能性があるということです。

誤嚥(ごえん)性肺炎の治療法や病気について

まず治療法方法についてです。

抗菌薬を用いた薬物療法が基本です。呼吸状態や全身状態が不良な場合は入院して治療を行います。同時に口腔ケアの徹底、嚥下指導も重要です。また、嚥下機能に悪影響を及ぼす薬物を内服していないかチェックし、その上で、嚥下反射を改善する効果が確認されているACE阻害薬などの適応を検討することがあります。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=11

次に、重い病気かどうかについてです。

 高齢者や中枢神経系障害などで寝たきりの患者に発症し、慢性的に繰り返し発症する場合もあるので、予後不良の場合も少なくありません。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=11

誤嚥(ごえん)性肺炎が命に係わる病気の可能性は高いとは言い切れないですよね。

しかし、筒美京平さんは、80歳という高齢者にあたる年齢だったので、誤嚥(ごえん)性肺炎によって命を落としてしまった可能性が高いのではないでしょうか。

筒美京平の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?のまとめ

筒美京平の誤嚥(ごえん)性肺炎とはどんな病気かまとめました。

誤嚥(ごえん)性肺炎は、病気としては治療法もあり、完治する可能性もある病気のようです。

誤嚥(ごえん)性肺炎とコロナとは関係ないようですね。

しかし、高齢者の場合は、命を落としてしまう可能性もある病気のようですね。

ご冥福をお祈りいたします。