東京マラソン2020にエントリーする方法!

2019年の倍率も一般募集枠で12.07倍と東京マラソンの人気ぶりが健在でした。

今年は、抽選はずれてしまったけど、来年2020年は走りたいという方!

一緒に、2020年の東京マラソンのエントリー方法を確認してみましょう。

<スポンサードリンク>


東京マラソン2020の開催日、大会概要は?

大会の日程について

東京マラソン2020年の開催予定日は2020年3月1日(日)です。

2020年度の大会概要については公表されておりませんので、2019年度の概要を参考にしてみました。

<2019年大会概用>

種目:フルマラソン(男子・女子、車いす男子、女子)、10km(ジュニア、ユース・障害者・車いす各男子、女子)

制限時間:7時間(車いすマラソン2時間10分)、10km:1時間40分(車いす10km は35分)

定員:38,000人(マラソン:37,500人、10km:500人)

エントリー期間:2018年8月1日~8月31日まで

エントリー期間に関しては毎年大会開催日前年の8月にスタートする傾向にあるようですね。

東京マラソン2020の参加料金について

東京マラソン財団は2018年12月6日の臨時理事会で、2020年の大会より税抜きで5000円増の値上げをすると発表しています。

2020年の大会参加費には消費税8%を適用されます。

フルマラソン(国内):1万6200円(事務手数料と消費税込み)

※2019年はフルマラソン(国内): 1万800円(税込)、10km(国内) :5600円(税込)でした。

値上げ分は年々増加する警備や安全対策費に充てられるそうです。

消費税が上がる予定なので、参加費もその分アップしてしまいそうですね。

<スポンサードリンク>


計2回エントリーできちゃう!?先行エントリーとは?

東京マラソン財団が運営する会員組織”ONE TOKYO”で有料会員になるとプレミアムメンバー扱いとなります。

プレミアム会員の特典の一つとして、先行エントリーというものがあります。

先行エントリーとは

先行エントリーは、一般エントリーに先行して応募できるものです。

先行エントリーで抽選外れたとしても、一般エントリーでもう一度応募できるので、計2回エントリーできることになりますね。

2020年の大会先行エントリー時期は公表されていませんが、2019年は7月2日から7月31日まででした。

ちなみに有料会員は年会費4320円です。

ONE TOKYO URL(https://onetokyo.org/static/index/pageid/member)

<スポンサードリンク>


チャリティ枠について

先行、一般のエントリー以外にもチャリティランナーという枠もあります。

こちらは10万円以上の寄付金もしくはクラウドファインディングで寄付金を集めた方が申し込める枠です。

2019年チャリティ枠

2019年のチャリティー枠は以下の通りでした。

定員:5000人(先着順、内300人はアクティブチャリティ枠)

エントリー時期:2018年7月2日~8月31日

2020年も引き続きチャリティ枠があると思いますので、ご興味ある方はこちらの枠もチェックしてみましょう。

東京マラソン2020年エントリーまとめ

倍率が高くなかなか参加が難しくなってきています。

2020年の東京マラソンに参加したい方は、今からでもエントリーの予定を把握しておくほうがいいですよね。

エントリーも複数回できる方法があるので利用できる方は、利用してみてはいかがでしょうか。