台風の停電が危険!暑さ対策準備は何をすればいい?

台風の接近によって停電になってしまうことがあります。

勢力の強い台風の場合は、過去にも停電が発生しています。

台風が来るのは暑い時期が多く、停電でエアコンが使えないとかなり過酷な状況になります。

台風で停電になる可能性がある場合は、事前に暑さ対策が必要です。

台風が接近して外出ができなくなる前に、準備をしておけば少し安心ですよね。

台風の停電による暑さ対策についてまとめました。

<スポンサードリンク>



台風の停電の事前対策は?

台風の停電

台風が来るまでに準備しておくことをまとめました。

台風の停電の事前対策①保冷剤

台風の停電対策1

保冷剤を準備して冷蔵庫にいれておきましょう。

できれば、大きめの保冷剤と小さめの保冷剤を準備しておきたいところです。

保冷剤があれば、停電になってしまったときに体を冷やすことができます。

首に巻けるタイプの保冷剤があれば重宝します。

また、冷蔵庫にいれておけば、停電になっても少しの間であれば、鮮度維持に使うことができます。

キャプテンスタッグ 抗菌 クールタイム Lサイズ 500g M-8998(1コ入)【キャプテンスタッグ】

 

台風の停電の事前対策②ミネラルウォーター

台風の停電暑さ対策2

ミネラルウォーターも必需品です。

冷蔵庫に入れておいてもいいのですが、冷凍庫にいれて凍らせておけば体を冷やすときに使うことができます。

溶けて水に戻ったら飲料水として飲むことができるので、便利です。


台風の停電の事前対策③クーラーボックス

台風の停電暑さ対策3

キャンプや釣りで使うクーラーボックスも台風の暑さ対策にはおすすめです。

保冷剤をいれて使えば、冷蔵庫の代わりに使うことができます。

保冷剤やミネラルウォーターを冷やしておくことができるので、停電が長期化した場合に役立ちます。

また、冷蔵庫代わりに肉や魚などの生鮮食品を入れておくこともできます。

台風の停電の事前対策④お風呂

お風呂に水をためておく方法もおすすめです。

水風呂として使うことができます。

停電だけではなく、断水になってしまったときの対策にもなります。

台風の停電の事前対策⑤ガソリン補充

車のガソリンを満タンにして準備しておけば、車のエアコンを使うことができます。

ただ、外出できない程に台風が接近している場合は、屋外に出るのは危険なので、避けた方が無難です。

雨風が収まっているのに停電が復旧しない場合の対策と考えておきたい方法です。

台風の停電の事前対策⑥扇風機

台風停電の暑さ対策

 

ハンディータイプの扇風機もあれば、暑さ対策として重宝します。

停電でエアコンも扇風機も使えないときでもハンディータイプなら使うことができますからね。

台風が来る前に、充電しておくのを忘れいないようにしておきましょう。

台風の停電の事前対策⑦ポータブルバッテリー

台風の停電対策

台風の停電対策として、ポータブルバッテリーもあれば便利です。

暑さ対策ではありませんが、スマホは必需品ですよね。

もし、停電で充電切れになってしまって使えないととても不便ですよね。

台風が来る前に、充電をしておけば、万が一停電になったときも安心です。

もし、持っていない場合は、1つ持っておけば、普段でも使うことができて便利です。

台風の停電の事前対策⑧ポータブル電源

ポータブルバッテリーがあっても、家族で暮らしている場合は、すぐにバッテリーの電源はなくなってしまいます。

そんなときに便利なのは、ポータブル電源です。

ポータブルバッテリーよりも容量が大きいので、家族で使うこともできます。

容量が大きいメリットがある反面で、少し高価になる点がデメリットです。

台風に万全の体制で備えたい人は、準備しておいてもいいかもしれませんね。

ポータブル電源はこちら

<スポンサードリンク>


台風で停電になってしまったときの対策は?

台風で停電になったら

もし、台風で停電になってしまったときの注意事項をまとめました。

台風で停電になったときは①安全確保

停電になったときは、まずは慌てないことです。

特に、夜に停電になってしまうと電気も消えて不安になってしまいます。

しかし、慌てて行動するとつまずいたりぶつかったりして怪我をしてしまう可能性もあります。

台風で停電になったときは②二次被害を防ぐ

夜に停電になった場合は、明かりが必要です。

よく停電のときにローソクを使うイメージがありますよね。

しかし、ローソクは極力使わない方がいいんです。

ローソクの火で火災の恐れもありますし、ガス漏れをしていたらさらに危険です。

懐中電灯を使うか、スマホにもライトの機能がついている機種もあるので、ローソク意外の方法で明かりを確保しましょう。

台風で停電になったときは③ブレーカーを落とす

停電になれば、電化製品を使うことができないのでブレーカーは関係ないと思いがちです。

しかし、停電が復旧したときに問題が発生する可能性があります。

台風の接近で避難する場合は、ブレーカーを落としておいた方が安心です。

台風の影響で家の中に雨や水がはいることで漏電の恐れがあります。

台風の避難でブレーカーまで見ている余裕がない場合ことが多いですし、安全が最優先ですが、少し余裕があれば、ブレーカーを落としておけばより安心です。

台風の停電が危険!暑さ対策準備は何をすればいい?のまとめ

台風で停電になってしまったときの対策についてまとめました。

台風の時期は、まだ気温が高いことが多いため、暑さ対策は不可欠です。

台風で停電になっているときに、熱中症になってしまうと非常に危険です。

台風の中で、病院に向かうのも危険がありますし、病院も閉まっている可能性もあります。

台風で怪我をしなくても熱中症なってしまったら大変ですからね。

台風が来る前にできる対策をしておけば、少し安心できるのでないでしょうか。

<スポンサードリンク>