台風10号で2020年9月6日10時の飛行機は飛ぶ?関空は大丈夫?

台風10号が勢力が強いまま北上してきています。

予測では、2020年9月6日(月)に沖縄に接近しています。

台風の被害も心配ですが、飛行機が飛ぶのかどうかも心配なところです。

台風で仕事が休みになればいいのですが、そうならないことも多いですからね。

仕事やプライベートで飛行機を予約している人は、飛行機が飛ぶのかも気になるところです。

台風10号の2020年9月6日10時の状況と関空で飛行機が結構になるのかどうかを調べてみました。

<スポンサードリンク>


台風10号の2020年9月6日10時の状況

台風10号気象庁1

引用:http://www.jma.go.jp/jp/typh/201024l.html

まずは、気象庁の進路予測から調べてみます。

台風10号の進路予測

気象庁によると台風10号は、2020年9月6日10時時点では、ちょうど沖縄県に接近している予測になっています。

台風10号の影響は

台風10号Windy1

引用:https://www.windy.com/ja/-%E6%9C%80%E5%A4%A7%E7%9E%AC%E9%96%93%E9%A2%A8%E9%80%9F-gust?gust,2020-09-06-00,32.114,131.300,5

次に、台風10号の勢力について見ていきたいと思います。

画像は、台風による風がどれくらい強いのかを予測しているデータです。

赤や紫が風が強い部分です。

黄色、青色になるにつれて風が弱い部分となります。

台風が接近している沖縄は、強風である赤や紫色になっています。

関空は沖縄から距離がありますが、黄色になっています。

<スポンサードリンク>


台風10号でも関空から飛行機は飛ぶ?

台風10号飛行機飛ぶ

台風10号が沖縄に接近している2020年9月6日10時の場合に、関空から飛行機は飛ぶのでしょうか。

台風10号でも飛行機は飛ぶ?

関空の公式サイトでは、台風10号の影響で欠航の可能性があると案内されています。

台風10号の影響により、航空便および空港への交通機関に遅延や運休の可能性がございます。
最新情報は、各航空会社やご利用される交通機関のホームページをご確認ください。

引用:kansai-airport.or.jp/notices/2941

基本的には、各航空会社の判断によるとされています。

関空で飛行機か欠航になる条件は?

関空としては、欠航かどうかは各航空会社の判断となっているので、飛ぶのか欠航なのかは、そのときにならないとわからない状況です。

しかし、欠航になるのかどうか前もって知りたいですよね。

そこで、過去に関空で飛行機が欠航になったときの条件を調べてみました。

関空で飛行機が欠航になるのは?

関空の連絡橋が通行止めになるかが1つの目安になりそうです。

関空の連絡橋が通行止めになる条件は、風速が30m/s以上という条件です。

この条件だけだとよくわからないですよね。

予測データでは大丈夫?

風速30m/sという風速は、先ほどの風速のデータにあてはめると紫以上の風速になります。

紫の部分で風速20m/s程度になります。

つまり、連絡橋は通行止めにならない可能性が高いということになります。

ということは、飛行機は飛ぶ可能性が高いということになります。

台風10号で2020年9月6日10時の飛行機は飛ぶ?関空は大丈夫?のまとめ

台風10号が接近する中で、2020年9月6日10時に飛行機が飛ぶのかを調査してみました。

台風と離れた場所にある関空の場合は、目安の1つになりそうな関空連絡橋です。

通行止めになるかどうかを調べてみましたが、意外にも大丈夫のようでした。

もちろん、連絡橋が大丈夫だとしても欠航になる可能性はありそうです。

だだ、台風が接近している沖縄や九州方面の飛行機は、欠航になる可能性が高そうですね。

反対方向なら飛ぶ可能性もありそうです。

最終的に、飛行機が飛ぶかどうかは航空会社の判断ということでしたので、航空会社の情報を注意する必要があります。

<スポンサードリンク>