台風風力情報台風6号Windy

台風6号が強い勢力を保ったまま沖縄県に接近していますね。

台風が接近したときに注意するポイントの1つが暴風ですよね。

風速が強いと外出するのも危険ですし、屋内にいても屋根が飛ばされる心配もあります。

2021年7月の台風6号の風速はどれくらいあるのでしょうか。

また、どのくらいの暴風域になるのかについて、Windyの予測データをまとめてみました。

<スポンサードリンク>



台風6号の風速予想:Windy最新!

台風6号風速1

引用:https://www.windy.com/ja/

2021年7月19日現在では、台風6号は、沖縄の東海上にいます。

風力の違いによって色が別れてますが、赤や紫の部分の風力が強いとされています。

台風6号の風力は強い?

台風の風速

Windyでは、台風の風力をkt(ノット)で表示しています。

0(ゼロ)に近い程風力が弱く、数が増えるほど風力が強くなることを表しています。

日本で台風と呼ばれているのは、34kt以上(オレンジ色)の低気圧です。

台風6号は、40kt以上(紫色)もかなり広域に広がっていることが分かります!!

<スポンサードリンク>

台風6号の風力予想:7月20日

台風6号2

台風の風速

台風6号は、2021年7月20日12:00の時点では、沖縄に接近していることが分かります。

沖縄県では、40ktレベルの風速になると予想されています。

台風6号の風力予想:7月21日

台風6号21日

台風の風速

台風6号は、2021年7月22日時点でもまだ、沖縄県上空にいます。

更に、40kt以上の強い風が九州に吹いていると予想されています。

台風6号の風力予想:7月22日

台風6号22日

台風の風速

7月22日12時の予想です。

21日よりも少し西に移動していますが、まだ、沖縄県は暴風域に入っています。

台風6号の風力予想:7月23日

台風6号23日

台風の風速

7月23日になると台風6号は、沖縄県を通り過ぎて台湾に接近しています。

しかし、風力はかなり強いままで、沖縄県でも暴風の影響が残りそうですね。

台風6号(2021年7月)の風速が危険?気になる暴風域をWindyの予想最新情報!のまとめ

2020年の台風6号の風速予想をまとめました。

Windyのデータによると台風6号は、かなり風が強いと予想されています。

9月5日に沖縄に接近して、北上しつつ九州や本州にも影響がありそうです。

9月7日頃までは、台風6号の強風の影響が残りそうです。

台風6号の影響がありそうな地域の人は、風にも注意が必要です!!