台風2020年10号進路は?  ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報!

2020年に発生した台風の中でも勢力が強い台風10号!

現在は、沖縄の南海上にいますが、今後の進路が気になります。

2020年の台風10号の今後の進路はどこなんでしょうか。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予測データをまとめてみました。

<スポンサードリンク>



台風10号の進路予想:ヨーロッパ最新!

台風10号2020年9月4日

 

引用:https://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue/medium-mslp-wind850?facets=Range,Medium%20(15%20days)&time=2020090400,0,2020090400&projection=classical_eastern_asia

2020年9月4日現在では、台風10号は、沖縄の南海上にいます。

台風10号の進路をヨーロッパはどう予想しているのでしょうか。

台風10号のヨーロッパ進路予想は?9月5日時点

 

台風10号進路予想ヨーロッパ1

9月5日には、台風はかなり日本に近づいてきています。

沖縄県は、台風の勢力内にすっぽりと入ってしまっているように見えます。

台風10号のヨーロッパ進路予想は?9月6日時点

台風10号進路予想ヨーロッパ9月6日

9月6日になると台風10号は、九州上空に来るという進路予想になっています。

日本列島が、台風の勢力圏内に入っています。

関西圏はもちろん、愛知県あたりまでの広範囲で台風の影響を受ける可能性がありそうです。

台風10号のヨーロッパ進路予想は?9月7日時点

台風10号ヨーロッパ進路予想9月7日

9月7日の台風10号の進路予想です。

7日になると台風は、日本を通り過ぎて、中国大陸まで達しています。

7日には台風の影響は収まっていそうですね。

<スポンサードリンク>


台風2020年10号進路は? ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報!のまとめ

2020年の台風10号のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)進路予想をまとめました。

ヨーロッパのデータによると台風10号は、2020年9月5日の夕方から沖縄に接近する進路を取ります。

そして、その後北上して9月6日には、九州に上陸して、近畿圏は台風の影響を受けそうです。

7日には、日本列島を通り過ぎでいる予想になっています。

2020年に発生した中でも強い勢力の台風10号ですから、細心の注意が必要です。

<スポンサードリンク>