台風情報14号気象庁

台風14号に続いて日本に接近している台風14号!

日本列島に上陸するという噂もあり、今後の進路が気になります。

2020年の台風14号の今後の進路を気象庁はどう予想しているのでしょうか。

気象庁の予測データを中心にまとめてみました。

<スポンサードリンク>



台風14号の進路予想:気象庁最新!

台風14号気象庁1

 

引用:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

2020年10月5日現在では、台風14号は、日本の南海上です。

台風14号の進路を気象庁はどう予想しているのでしょうか。

台風14号の気象庁進路予想は?9月23日時点

台風12号気象庁9232

気象庁は、9月6日に台風14号が沖縄に最接近する進路を予想しています。

台風14号の気象庁進路予想は?10月10日時点

台風14号気象庁3

 

10月9日になると台風14号は九州に接近する進路が予想されています。

そして、上陸はせずに、太平用上を移動する進路と取ると予想されています。

10日には、台風14号は四国の南まで移動しているという進路予想になっています。

台風14号に注意が必要な時間帯はいつ?

詳細が発表され次第更新します。

10日の15時には、台風は上陸しないまでも広範囲で台風の暴風域に入ってます。

<スポンサードリンク>


台風2020年14号進路は?気象庁の最新情報!のまとめ

2020年の台風14号について、気象庁の進路予想をまとめました。

気象庁のデータによると台風14号は、2020年10月9日に九州に接近する進路を取ります。

そして、その後上陸することなく、太平洋上を移動して四国沖へ移動する進路予想となっています。

10月9日になると、広い範囲で台風14号の影響を受ける可能性が高そうですね。

普段と違う進路が予想されている台風14号ですから、細心の注意が必要です。