台風14号ヨーロッパ

台風14 号(ドルフィン)が発生して日本列島に向かっているという情報があります。

現在は、日本列島の南の太平洋海上にいますが、今後の進路が気になります。

2020年の台風14号の今後の進路はどこなんでしょうか。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予測データをまとめてみました。

<スポンサードリンク>



台風14号の進路予想:ヨーロッパ最新!

台風14号ヨーロッパ1

 

引用:https://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue/

2020年10月5日現在では、台風14号は、日本列島の南にいます。

台風14号の進路をヨーロッパではどう予想しているのでしょうか。

台風14号のヨーロッパ進路予想は?10月7日時点

台風14号ヨーロッパ2

 

10月7日には、台風はかなり日本に近づいてきています。

台風14号のヨーロッパ進路予想は?10月9日時点

台風14号ヨーロッパ3

 

10月9日になると台風14号は、九州にかなり接近するという進路予想になっています。

日本列島が、台風の勢力圏内に入っています。

関西圏はもちろん、愛知県あたりまでの広範囲で台風の影響を受ける可能性がありそうです。

台風14号のヨーロッパ進路予想は?10月11日時点

台風14号ヨーロッパ4

 

10月11日の台風14号の進路予想です。

九州に上陸するかと思われましたが、太平洋上を移動して11日には東京の南に移動していると予想されています。

台風14号のヨーロッパ進路予想は?10月12日時点

台風14号ヨーロッパ5

 

10月12日の台風14号の進路予想です。

12日になると台風は、消えています。

日本列島に上陸するかと思われた台風14号は、太平洋上を移動して12日は、温帯低気圧変わっているという予想でした。

<スポンサードリンク>


台風2020年14号進路は? ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報!のまとめ

2020年の台風14号のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)進路予想をまとめました。

ヨーロッパのデータによると台風14号は、2020年10月9日に九州に接近する進路を取ります。

そして、その後は、上陸せずに太平洋上を移動して東京の方に移動する進路になっています。

11日には、台風14号は消えている予想になっています。