台風情報10号ヨーロッパ予想

2021年の台風10号(ミリネ)が発生して日本列島に向かっているという情報があります。

現在、台風10号は、沖縄県近海で発生しており、沖縄県に接近しています。

今後の進路が気になりますね。

2021年の台風10号は、今後どの進路で進んでいくのでしょうか。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予測データをまとめてみました。

↓この記事を読んだ人が読んでいるのはこちら↓

台風情報最新

台風10号(2021年)米軍の最新情報!

台風10号情報気象庁の進路予想は?日本に上陸する?

<スポンサードリンク>



台風10号の進路予想:ヨーロッパ台風情報(ecmwf)最新!

台風10号ヨーロッパ予想1

 

引用:https://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue/

2021年8月5日現在では、台風10号は、沖縄県の南海上にいます。

現在は、台風10号がはっきりと確認することができない状況です。

台風10号の進路を「ヨーロッパ台風情報(ecmwf)」ではどう予想しているのでしょうか。

台風10号のヨーロッパ台風情報(ecmwf)進路予想は?【8月6日以降】

台風10号ヨーロッパ予想6日

 

8月6日の台風10号

台風10号ヨーロッパ予想7日

 

8月7日の台風10号

8月6日時点では、沖縄県を離れて九州の南海上にいます。

そして、7日には、東京の南海上まで北上してきています。

そして、8月8日以降のヨーロッパ予想ではどうなっているのでしょうか。

<スポンサードリンク>

台風10号のヨーロッパ台風情報(ecmwf)進路予想は?【8月8日以降】

台風10号ヨーロッパ予想8日11

8月8日の台風10号

台風10号9日ヨーロッパ予想

8月9日の台風10号

8月8日になると台風10号は、北陸地方の太平洋上にいる予想になっています。

そして、9日には、日本列島から離れた太平洋上に移動しています。

8月8日までは、台風10号の影響がある可能性が高いですね。

ヨーロッパ台風情報(ecmwf)による台風10号の予想進路は?【2021年】中期予報センターの最新情報!のまとめ

2021年の台風10号のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)進路予想をまとめました。

ヨーロッパのデータによると台風10号は、2021年8月5~6日頃に沖縄県に接近する予想になっています。

そして、その後は、太平洋上を北上して東京に向かってきます。

7日には、東京の南海上を移動し、8日には、東北地方に接近する予想になっています。

日本列島に上陸する可能性は低い台風のようですが、雨風には注意が必要ですね。

しかも、この時期であれば、オリンピックへの影響もありそうですね。

↓この記事を読んだ人が読んでいるのはこちら↓

台風情報最新

台風10号(2021年)米軍の最新情報!

台風10号情報気象庁の進路予想は?日本に上陸する?