総理大臣候補者の石破茂ってどんな人?ポスト安倍に近い?

安倍総理が総理大臣を辞任することになりましたね。

そこで、話題になっているのが「ポスト安倍」です。

次の総理大臣になるのは、いったい誰なんでしょうか。

総理大臣候補者である石破茂(いしばしげる)さんについて調べてみました。

<スポンサードリンク>



総理大臣候補石破茂の経歴は?

石破茂さんの顔をテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

石破茂さんがどんな人なのかプロフィールをまとめてみました。

石破茂のプロフィール

・生年月日:1957年(昭和32年)2月4日<63歳>

・血液型:B型

・出身:鳥取県

・出身大学:慶応義塾大学法学部

・所属:自由民主党

・当選回数:11回

石破茂さんは、1986年の初当選から現在まで、11期衆議院議員として活動しています。

政治家になる前は、三井銀行(現:三井住友銀行)で働いていたそうです。

石破茂は政治家一家

石破茂さんのお父さんも政治家でした。

石破茂さんのお父さんは、石破二朗(いしば じろう)さんで、農林水産大臣を務めたこともありました。

さらに、石破茂さんの祖父(市造さん)も村長さんだったそうです。

祖父の時代から政治に関係する家系のようですね。

<スポンサードリンク>


総理大臣候補者石破茂が政治家になった理由は?


政治一家に生まれた石破茂さんですが、政治家になったのはある理由からでした。

石破茂が政治家になった理由①

1つ目の理由は、父・石破二朗さんが亡くなったことです。

石破二朗さんは、1981年に亡くなっています。

亡くなる前年の1980年には、参議院議員選挙に当選して自治大臣を務めていました。

石破茂が政治家になった理由②

2つ目の理由は、田中角栄さんの存在です。

田中角栄さんといえば、総理大臣を務めたこともあり、なにかと知名度も高い政治家ですよね。

実は、石破茂さんのお父さんの石破二朗さんと田中角栄さんが友人だったそうです。

田中角栄さんの誘いもあり、田中角栄さんの元(木曜クラブ)で政治の勉強をすることになります。

そして、1986年の衆議院議員選挙で初当選を果たしました。

当選当時の年齢は、28歳と若く、全国最年少の国会議員でした。

総理大臣候補の石破茂さんとは


石破茂さんがどんな人なのかについて、政治家面とその他の面から調べてみました。

石破茂の政治家経歴

小泉政権時には、防衛庁長官に任命されています。

それ以降の政権でも防衛大臣、農林水産大臣、自民党幹事長、地方創生担当大臣などの要職を歴任しています。

過去に何度か総裁選に立候補をしていますが、そのときは、当選することができませんでした。

石破茂はどんな人?

政治面意外でも石破茂さんが注目されているのが、いろんな趣味です。

例えば、アイドル通、軍事愛好家、鉄道愛好家という面を取り上げられることが多いです。

<スポンサードリンク>



総理大臣候補者の石破茂ってどんな人?ポスト安倍に近い?のまとめ

総理大臣候補の石破茂さんについてまとめました。

石破茂さんは、政治家一家の生まれで、田中角栄さんの推薦で政治家になった経緯があります。

政治家になるべくして政治家になったという感じですね。

しかも、初当選から11期も当選を重ねていて、要職を歴任しています。

いろんな趣味を持っている政治家としてのイメージが強い石破茂さんですが、政治家としてもしっかりと活動されていることがわかりました。

今度こそ、総裁選に当選して、総理大臣になることができるのでしょうか。

<スポンサードリンク>