志村けんのアイーンとは?24時間テレビドラマでも再注目!

志村けんさんのギャグはたくさんあります!

しかし、代名詞といえば「アイーン」ではないでしょうか。

40代以上の人は、なじみがあるギャグですよね。

しかし、20代以下の人は、あまりなじみがないかもしれませんね。

24時間テレビでドラマ化された志村けんさんのギャグ「アイーン」についてまとめてみました。

<スポンサードリンク>



志村けんの「アイーン」とは?

この「アイーン」が志村けんさんお代名詞でした!

「アイーン」のポーズとは

まず、あごを前に出す。

そして、上にあげた両腕を曲げてあごの前に出す。

これで、「アイーン」のポーズは完成です。

「アイーン」と言う?言わない?

「アイーン」といえば、ポーズを取りながら「アイーン」と言う形が定番化しています。

しかし、元々「アイーン」とは言ってなかったそうです。

<スポンサードリンク>


「アイーン」が定着した経緯とは

ナイナイ岡村

引用:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=267

「アイーン」という言葉が定着したのは、ナイナイの岡村さんが関係しているそうです。

「アイーン」はナイナイ岡村が作った?

「アイーン」という言葉は、ナインティナインの岡村さんが作ったという噂があります。

元々「アイーン」は志村けんさんがドリフターズ時代にポーズだけしていたギャグでした。

子どものころから志村けんさんを見て育った岡村さんが、「アイーン」のポーズをしながら「アイーン」と言いまくっていたそうです。

その結果、志村けんさんのポーズだけだった「アイーン」が、「アイーン」という言葉とともにギャグになったそうです。

ちなみに、岡村さんだけが「アイーン」を広めたという点や「アイーン」を岡村さんが考えたという点は諸説あります。

しかし、最終的に「アイーン」という言葉とポーズを定着させ、志村けんさん本人もやるようになったのは、岡村さんの存在が大きかったのではないでしょうか。

「アイーン」はポーズだけで成り立っていた?

以前は、「アイーン」の言葉がなくポーズだけだった「アイーン」ですが、言葉がなくてもギャグとして成立していたのでしょうか。

実は、「アイーン」の言葉がなくてもギャグとして成立していました。

それは、「おこっちゃやーよ!」など志村さんがコントの中で他の言葉を使って「アイーン」のポーズをしていたんです。

その様子だけでも十分に面白かったから、成り立っていたんです。

「アイーン」は国民的人気ギャグ?


「アイーン」はどれくらい浸透しているのでしょうか。

いろんなアイーンを集めてみました。

有名人の「アイーン」


横浜DNAのラミレスさん。

現役時代から「アイーン」をしていました。

動物も「アイーン」

この投稿をInstagramで見る

 

すうちゃん(@suuchiyan65)がシェアした投稿

<スポンサードリンク>



志村けんのアイーンとは?24時間テレビドラマでも再注目!

志村けんさんのアイーンについてまとめました。

24時間テレビでもドラマ化される志村けんさんの代表的ギャクの「アイーン」。

最初から今のかたちではなかったのは、意外でしたね。

しかし、現在では、アイーンといえば志村けんさんのギャグであのポーズを取ってしまう人も多いかも知れません。

引用:https://ameblo.jp/shimura–ken/archive-201803.html

<スポンサードリンク>