青天を衝けの相関図

2021年の大河ドラマに「青天を衝け」が決定しましたね。

キャストも発表されて、期待も高まっていますね。

ドラマを見るときに、突然出てきた人がどんな人なのかわからなくなることもあります。

「青天を衝け」も多くの出演者がいるので、最初は関係がわからなくなりそうですよね。

そこで、出演者の相関図を画像付きで詳しくまとめました。

<スポンサードリンク>



青天を衝けの相関図:渋沢家

<スポンサードリンク>



渋沢家の相関図

晴天を衝けの相関図1

引用:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=24349

渋沢家は、東の家・中の家・新屋敷の3つに分かれています。

この3つの家に加えて尾高家の4つの家族が親戚になります。

元々は、東の家で生まれた兄弟なんです。

東の家では、代々宗助の名を継いでいるようです。

2代目渋沢宗助の子どもの一人が渋沢栄一の父になります。

  • 長男:宗助(東の家)※3代目
  • 次男:文平(新屋敷)※喜作の父
  • 長女:やへ(結婚して尾高家へ)※惇忠たちの母
  • 三男:一郎衛門(中の家)

※それ以外に兄弟がいる可能性があるので、続き柄は必要に応じて訂正します。

<スポンサードリンク>



青天を衝けの相関図:幕府

<スポンサードリンク>



水戸藩・一橋家他

晴天を衝けの相関図2

水戸藩主の徳川斉昭は、のちに14代将軍になる人物です。

そして、徳川斉昭の七男が、江戸幕府最後の将軍となる徳川慶喜です。

今回、徳川慶喜に元SMAPの草彅剛さんが出演するのも注目のポイントですね。

<スポンサードリンク>

青天を衝けの相関図は?画像付きで分かりやすく!

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の相関図をまとめました。

渋沢栄一の家族・親戚と幕府の相関図を見ても豪華な俳優陣ですね。

ドラマの最初は、渋沢家が舞台になるかもしれませんね。