斎藤工が三輪車に!しかもブリーフ姿ってなぜ?

斎藤工さんと言えば、上戸彩さん主演のドラマ「昼顔」をきっかけに、イケメン俳優としてブレイクした一人です。

斎藤工さんの魅力は、何といっても低音ボイスに184cmもある身長ではないでしょうか。

それに斎藤工さんは、今やクールな役が定着している俳優の一人でもあります。

そんな斎藤工さんですが、実は過去に、ブリーフ姿で三輪車に乗っている事が判明したのです。

イケメン俳優のブリーフ姿ってだけで驚きなのに、さらに三輪車に乗るなんて一体・・・。

今回は、斎藤工さんがブリーフ姿で三輪車に乗った事について調べてみました。

<スポンサードリンク>



斎藤工がブリーフ姿で三輪車に?

斎藤工が三輪車に!しかもブリーフ姿ってなぜ?

斎藤工さんが「ブリーフ姿で三輪車」とは、一体どういう事なのでしょうか。

<スポンサードリンク>



斎藤工がブリーフ姿で三輪車に


実は、斎藤工さんは、過去の「週刊文春」の巻頭ページの「原色美男図鑑」に登場していたのです。

ただ、本来は「原色美女図鑑」で、主に女性アイドルや女優が登場しているページなのです。

過去には、綾瀬はるかさんや橋本環奈さんと言った有名女優などが登場しています。

そんな人気のページに、斎藤工さんが、巻頭ページを飾ったのです。

しかも、その写真の内容は、黒のブリーフ姿で登場し、さらに三輪車に乗る姿まで見せたのです。

 

<スポンサードリンク>



斎藤工がブリーフ姿で三輪車に乗った理由は?

斎藤工が三輪車に!しかもブリーフ姿ってなぜ?

正直、いくらカメラマンのお願いだからと言っても斎藤工さんほどの方が、ブリーフ姿に三輪車に乗るものなのでしょうか?

<スポンサードリンク>



斎藤工がブリーフ姿で三輪車に乗った理由①

お笑い芸人ならともかく、俳優がブリーフ姿で三輪車に乗る写真なんてなかなかありませんよね。

しかも、イケメン俳優と言われている方が、そんな写真を承諾するなんて皆無に近いのではないでしょうか。

斎藤工さんがブリーフ姿で三輪車に乗った理由は、単純みたいです。

「どんなシチュエーションでも『NO』と言うつもりはなかった。役者は素材であればいい。もし、僕に色気とか艶というものがあるなら、それを切り取っていただければと」

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0068755

斎藤工さんは、自分の事を「素材」と表現していました。

それだけプロ意識が高い人なのだと思います。

ただ個人的には、ブリーフ姿で三輪車に乗る事は、本当に色気とか艶があったのか疑問です。

正直、断っても良かったのではと思います。

<スポンサードリンク>



斎藤工がブリーフ姿で三輪車に乗った理由②

斎藤工さんは、なぜブリーフ姿で三輪車に乗った写真を掲載することになったのでしょうか。

それは、斎藤工さんを撮影したカメラマンと関係があるかもしれません。

実は、斎藤工さんのヌード写真を撮影したのは、女性カメラマンの野村佐紀子さんと言う方なのです。

野村佐紀子さんは、男性のヌードやベッドシーンをなどを撮影する事で有名な方です。

そんな野村佐紀子さんがカメラマンだったから、斎藤工さんにブリーフを履かせ、三輪車に乗った写真がとれたのかもしれませんね。

<スポンサードリンク>

ブリーフ姿で三輪車に乗る斎藤工に対するSNSの声

斎藤工が三輪車に!しかもブリーフ姿ってなぜ?

斎藤工さんが、ブリーフ姿で三輪車に乗る写真は、ファンにとってはどんな気持ちだったのでしょうか。

<スポンサードリンク>



ブリーフ姿で三輪車に乗る斎藤工に対するSNSの声

ここでは、斎藤工さんがブリーフ姿で三輪車に乗った事に対するSNSの声をご紹介します。

斎藤工さんのヌード写真を見た方の率直な意見としては、否定的な意見が多かったような気がします。

しかし、中には「尊敬する」と、Noと言わなかった斎藤工さんの意思に称賛する声もありました。

ちなみに、このヌード写真の撮影テーマは「不倫の情事」です。

「不倫」は、許されるものではないですよね。

「許されないから燃える」という理由もあったり、「不倫だからできない事もできる」といった理由もあると思います。

そう言った事をブリーフ姿で三輪車に例えたのでしょうか。

<スポンサードリンク>



斎藤工が三輪車に!しかもブリーフ姿ってなぜ?のまとめ

今回は、斎藤工さんがブリーフ姿で三輪車に乗った事についてご紹介しました。

「あのイケメン俳優が」と、衝撃を受けた方が多かったと思います。

私もその一人です。

しかし、撮影テーマは、「不倫の情事」でした。

このテーマだったからこそ、「普段なら絶対やらない」写真が完成したのかもしれませんね。

実際、断っても良かったシチュエーションだったと思うのですが、斎藤工さんはNoと言いませんでした。

次は、どんな斎藤工さんが見れるのか楽しみですね。

引用:https://www.saitoh-takumi.jp/port/