俺の家の話ネタバレ4話

ドラマ「俺の家の話」の第4話のあらすじとネタバレをまとめました。

クドカン脚本、長瀬智也さん主演の注目の「俺の家の話」の第4話はどんなストーリーだったのでしょうか。

俺の家の話の第4話のあらすじ・ネタバレについてまとめました。

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」第4話あらすじ


「俺の家の話」第4話のあらすじは?

<スポンサードリンク>



俺の家の話の第4話あらすじ

スーパー世阿弥マシンとしてプロレス界での活動を再開した寿一(長瀬智也)は、寿三郎(西田敏行)のエンディングノートを眺めながら、”寿限無(桐谷健太)のおとしまえ”の意味が分からず首をかしげていた 。

当の寿限無に聞いても、でてくるのはトンチンカンなことばかり。

一方その頃、踊介(永山絢斗)は、さくら(戸田恵梨香)の昔の写真を入手し、寿一と舞(江口のりこ)にさらなる疑惑を持ち出すが、2人に一蹴されてしまう。

そんな中、大州(道枝駿佑)と秀生(羽村仁成)による能の定期公演の話が持ち上がった。

だが、大州は稽古にたびたび遅刻し、さらに反抗的な態度も重なり、舞の怒りは募るばかり。

筋の良い秀生と比べられる大州に、寿一は昔の自分が重なって見え・・・。

俺の家の話の第3話ネタバレ感想はこちら⇒の家の話のあらすじとネタバレ第3話!

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」第4話ネタバレ・感想


俺の家の話の第4話のネタバレと感想をまとめました。

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」ネタバレ:第4話

秀夫の親権

ユカの彼氏を紹介された寿一。

ずっと秀夫の父親だと思っていたのに、親権の問題で父親でなくなるかもしれないことを知る寿一。

<スポンサードリンク>



秀夫と大洲

秀夫と大洲は、出演する舞台のために練習を始めます。

しかし、能の才能がある秀夫に対し、能に興味のない大洲。

大洲は、能の練習よりも仲間たちとダンスをすることが好きで、能の練習の前や後には、ダンスの練習に参加する日々を送ります。

大洲のダンスの場所が池袋だったので、IWGPを知っている人には懐かしいシーンでしたね。

寿限無の落とし前

寿限無の母・栄枝が寿三郎に呼ばれて観山家にやってきます。

栄枝は、元々は、観山家に務める女中の一人だったんです。

寿限無の父は、当時番頭として観山家にいた男性のはずだったんですが・・・

実は、寿三郎と栄枝の間に生まれたのが寿限無だったんです。

それを知った寿一たち3人の兄弟は、動揺します。

しかし、遅れて戻ってきた寿限無は、寿三郎と栄枝からこの話を聞き、

「承知しました」とだけ言って普段の生活を続けるのでした。

<スポンサードリンク>



秀夫と大洲の舞台

秀夫と大洲の舞台の当日、大洲がいなくなります。

能で使う鐘の下からはみでる袴をみて、秀夫は能に出たくない大洲が鐘の中に隠れていると気づきますが、秘密にします。

寿三郎や寿一が代役を務め、舞台は、順調にすすんでいきます。

そして、秀夫が無事に終わったことを鐘の下にいる大洲に伝えたとき、寿一のLINEに大洲からダンスの大会で優勝したという報告がきます。

鐘の下にあったのは、袴だけでした。

さらに、鐘の奥には、寿限無がいました。

寿限無は、寿三郎に「うるせー!くそじじい!」と伝え、舞台に向かっていくのでした。

また、観山家で洗濯をしていたさくらは、寿一の部屋で寿一が「スーパー世阿弥マシーン」であることを知ってしまうのでした。

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」第4話を見た感想は?

<スポンサードリンク>

「俺の家の話」あらすじとネタバレ第4話!ドラマを見た人の感想は?のまとめ

ドラマ「俺の家の話」の第4話のあらすじとネタバレをまとめました。

第4話では、また、新たな展開がありました。

寿三郎のエンディングノートにあった「寿限無の落とし前」とは、寿限無に真実を伝えることでした。

最初は、すんなりと寿三郎の話を受け入れたかに見えた寿限無でしたが、その事実をまだ受け止められていないようですね。

さらに、寿一が世阿弥マシーンであることがさくらにバレてしまいました。

第5話では、どんな展開があるのでしょうか。