俺の家の話カラーギャング

「俺の家の話」の4話で、寿一(長瀬智也)のセリフ「カラーギャング」とはどんな意味なんでしょうか。

また、寿一は、首から長い鎖をかけていましたよね。

この鎖とカラーギャングは関係があるのでしょうか。

「俺の家の話」の第4話に登場した「カラーギャング」についてまとめました。

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」4話の「カラーギャング」とは


まず、カラーギャングについてまとめていきます。

カラーギャングとは?

カラーギャングとは、アメリカのストリートギャングを模倣した日本の不良行為少年達の集団のことを指します。

名前の由来は、これらのギャングと同様にチームカラーを身につけることからで、チーマーと呼ばれる非行集団から派生した集団である。

<スポンサードリンク>



池袋西口公園のカラーギャングとは?


池袋西口公園のカラーギャングといえば、長瀬智也さんと宮藤官九郎さんの過去作品である「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」のカラーギャングが有名です。

このときのカラーギャング「G-Boys」のカラーは黄色でした。

<スポンサードリンク>



池袋西口公園の黄色


大洲のダンスチームの色も黄色でしたよね。

これは、池袋ウエストゲートパークのカラーギャング「G-Boys」の色と合わせているはずですね。

<スポンサードリンク>



「俺の家の話」4話のカラーギャングと鎖の関係は?


カラーギャングと鎖には関係があるのでしょうか。

カラーギャングと鎖の関係は?

池袋ウエストゲートパークで鎖といえば、坂口憲二さん演じる山井が、鼻と耳を鎖でつないでいました。

長瀬智也さんの鎖は、この山井の鎖と関係がありそうですね。

<スポンサードリンク>

「俺の家の話」4話のカラーギャングとは?鎖との関係は?のまとめ

「俺の家の話」4話の寿一のセリフ「カラーギャング」についてまとめました。

カラーギャングとは、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」に登場した集団「G-Boys」のことを指しています。

池袋ウエストゲートパークでは、長瀬智也さん演じるマコトは、カラーギャングから仲間を守ることができるくらい喧嘩が強かったですが、今は、鎖のような武器がないと守れないという意味が鎖にはあったのかもしれません。

池袋ウエストゲートパークをも今なら無料で見ることができます。

池袋ウエストゲートパークの配信動画!