俺の家の話ネタバレ2話

ドラマ「俺の家の話」の第2話のあらすじとネタバレをまとめました。

クドカン脚本、長瀬智也さん主演の注目の「俺の家の話」の第2話はどんなストーリーだったのでしょうか。

俺の家の話の第2話のあらすじ・ネタバレについてまとめました。

<スポンサードリンク>



俺の家の話2話あらすじ

俺の家の話の第2話あらすじ

寿一(長瀬智也)が二十八世観山流宗家を継承すると宣言したことにより、父の寿三郎(西田敏行)から門弟にそのことを告げる日がやってきた。

寿三郎が後継者決定を声高に宣言するものの、門弟たちからは不満の声が続出。

収拾がつかなくなった一同を前に寿三郎は、1週間後に寿一に高砂を披露させることを約束してしまうのだった。

同じ頃、ネットでさくら(戸田恵梨香)の過去の写真を発見した踊介(永山絢斗)は、彼女のことを秘密裏に調べ進めていた。

一方、寿一は高砂の稽古に励みつつもある悩みを抱えていた。

プロレスラーをやめてしまい、お金がないのだ。

息子の養育費も払えなくなった寿一は、寿限無(桐谷健太)に土下座をし借金を申し出るのだが、驚愕の事実を知ることとなり・・・。

俺の家の話の第1話ネタバレ感想はこちら⇒俺の家の話のあらすじとネタバレ第1話!

俺の家の話2話ネタバレ・感想


俺の家の話の第2話のネタバレと感想をまとめました。

<スポンサードリンク>

俺の家の話ネタバレ:第2話

寿限無が語った衝撃の事実とは

実は、観山家には、お金がなかったんです。

全国に何万人と門弟がいるので、毎月収入があると寿一は考えていました。

しかし、実際に門弟と呼べるのは、数百人程度ということでした。

さらに、最近の出来事によってさらに人数が減ってしまっていたんです。

そのため、寿限無も寿一に貸せるお金がありませんでした。

寿一にお金を貸してくれたのは?

困っていた寿一にお金を貸してくれたのは、さくらでした。

さくらは、寿一に返済はいつでもいいと10万円を貸してくれたんです。

その10万円で寿一は、息子の養育費を払うことができました。

寿一の高砂の結果は?

寿一が1週間後に披露することになった「高砂」は無事に終了して、門弟に観山家の一員と認めさせることができました。

さらに、息子の秀生が能に興味を持っていることが判明します。

さくらの考えが明らかに

一方、次男の踊介に過去を知られてしまったさくらは、観山家のみんなの前でその事実を問い詰められることになります。

過去の件については、事実だと認めます。

ただ、さくらから財産を相続できるように依頼したのではなく、介護していた老人たちからさくらに相続させたいという話になったことを伝えます。

さくらは、観山家を離れてもいいと申し出ますが、寿一が引き止めます。

それは、さくらから介護について学びたいことがまだあるからという理由でした。

寿三郎とさくら

この話を聞いていた寿三郎は、さくらに「好きだ」といっていたのも嘘かと確認します。

さくらが嘘だったと答えると寿三郎はショックを受けて寿一とお風呂に・・・

しかし、お風呂から戻ってくる頃には、さくらとの会話を忘れてしまっていてもとのように話かけるのでした。

寿三郎が倒れる!

ある日、さくらが帰り、寿限無は外出中のため、家には、寿一と寿三郎だけしかいませんでした。

そこに、さんたまプロレスの堀から寿一に電話がかかってきました。

その内容は、出場予定だったスーパー多摩自マンが怪我をしてしまって代役をしてほしいというものでした。

寿一は迷いますが、10万円払うという堀の提案に乗ってプロレスの代役に駆け付けました。

しかし、寿一が不在の間に寿三郎は倒れてしまいます。

それを見つけたのは、外出先から帰宅した寿限無だったんです。

「俺の家の話」第2話を見た感想は

<スポンサードリンク>



俺の家の話あらすじとネタバレ第2話!ドラマを見た人の感想は?のまとめ

ドラマ「俺の家の話」の第2話のあらすじとネタバレをまとめました。

第2話では、さくらの過去が明らかになりましたね。

しかし、思っていたような悪い人物ではないこともわかり、引き続き寿三郎の介護をすることになりました。

ただ、問題は、観山家の実状ですよね。

お金がないために、生活も大変な状況でした。

そのために、寿一が引退したプロレスに代役ながら出場してお金を得る必要がありました。

その間に、寿三郎が倒れてしまったのに誰も家にいないという事態も発生してしまいました。

寿三郎の容態は・・・

第3話が待ち遠しいですね。