大谷翔平年俸推移

大谷翔平選手は、高校時代から注目を集めていました。

そして、プロ入り後も、期待に応えてきました。

当初は、二刀流に批判的な評論家も多かったんですが、期待以上の活躍で、その批判をねじ伏せてしまいました。

そんな大谷翔平選手ですが、プレー以外に気になることがありませんか。

そうです、年俸です。

活躍し続けているスタープレイヤーの大谷翔平選手は、いくら稼いでいるんでしょうか。

過去の報道をもとに、大谷翔平選手の年俸推移をまとめました。

<この記事を読んだ人の多くに読まれているのはこちら!>

大谷翔平選手の年俸は安い?メジャーリーグ・エンジェルス移籍!

<スポンサードリンク>



大谷翔平の年俸額推移

大谷翔平さんの年俸推移をプロ1年目から順にまとめました。

<スポンサードリンク>
\トライアル期間2週間無料
MLB素材9月30日

2013年(1年目)の年俸

1,500万円

高卒新人選手の年俸上限額は、1,500万円です。

年俸上限額が提示されることは、稀なんですですが、大谷翔平さんには最高額が提示されています。

実は、過去には、ダルビッシュ投手や田中将大投手など、わずか数人だけです。

1年目の年俸総額は?

更に、大谷翔平選手は、年俸に加えて契約金(1憶円)+出来高払い(5,000万円)を手にすることができます。

もし、全額もらえることになれば、総額で、1憶6,500万円です。

<スポンサードリンク>

2014年(2年目)の年俸

3,000万円

2年目は、1年目の2倍の金額にアップしました。

2015年(3年目)の年俸

1憶円

3年目は、早くも大台の1億円です。

プロ入り後、わずか3年で、年俸が1億円は、早すぎますよね。

しかし、過去にもう1人いたんです。

それが、松坂大輔選手です。松坂選手も高卒でプロ入りし、3年目に1億円に到達しています。

2016年(4年目)の年俸

2億円

4年目も3年目の2倍になりました。

1憶の2倍は大きいですよね。

2017年(5年目)の年俸

2憶7,000万円

5年目は、7000万円アップの2憶7,000万円でした。

この2億7,000万円が、大谷翔平選手のNPBでの最高年俸となりました。

大谷翔平選手の年俸推移!プロ5年間で○○倍にのまとめ

NPBでプレーした5年間の、大谷翔平選手の年俸推移をまとめました。

プロ1年目の1,500万円から、3,000万円・1憶円・2億円・2億7000万円と確実に年俸が上がっています。

しかも、そのアップ率もすごいですよね。

アップ率は、2倍・3.3倍・2倍・1.35倍です。

1年目の年俸が、5年目には18倍になりました。

しかも、大谷翔平選手のようなスタープレイヤーになると年俸以外の収入もありますよね。

CM等のスポンサー契約です。

スポンサー契約料を合わせると更にすごい金額になりますよね。

しかし、大谷選手は、それだけの金額を払うだけの価値のある選手ということも言えますよね。

<この記事を読んだ人の多くに読まれているのはこちら!>

大谷翔平選手の年俸は安い?メジャーリーグ・エンジェルス移籍!

【大谷翔平選手に関する他の記事はこちら】

大谷翔平のプロフィールは?気になる情報まとめ

<スポンサードリンク>
\トライアル期間2週間無料
MLB素材9月30日