大阪の海開き2020最新情報!今年泳げるのはどこ?

夏といえば海という人も多いですよね。

しかし、今年は、コロナの影響で海開きを見送る海水浴場も増えています。

そこで、大阪にある海水浴場の海開き情報をまとめました。

2020年に大阪で海に行くならどこがあるのでしょうか。

<スポンサードリンク>



りんくう南浜海水浴場

この投稿をInstagramで見る

 

泉南市観光協会 Sennan City Tourism A(@sennancity_tourist_guide)がシェアした投稿

海開きの期間

海開き中止

ビーチの特徴

南海本線樽井駅徒歩10分、「サザンビーチ」の愛称で親しまれている、りんくう南浜海水浴場。

関西国際空港の対岸に位置する白い砂浜とヤシの木が美しい人工ビーチとしてよく知られる。

遊泳区域外には、加入者のみが利用できるウィンドサーフィン専用エリアも設けられ、マリンスポーツにも最適。

また、ビーチから、りんくうタウンや関西国際空港、そしてそれらを結ぶ連絡橋が見渡せる。

アクセス

詳細

広域

りんくう南浜海水浴場海開き

公式サイト

りんくう南浜海水浴場

https://osaka-info.jp/page/tarui-southern-beach

<スポンサードリンク>


二色の浜(にしきのはま)海水浴場

この投稿をInstagramで見る

 

りい(@rrii0621)がシェアした投稿

海開きの期間

海開き中止

ビーチの特徴

奥行き約200メートル、幅約1キロメートルの白浜のビーチが完成。

市内外から、年間約100万人の人々が訪れています。

潮干狩り・海水浴・マリンスポーツ・バーベキューなど人々が賑わう場所です。

浜からの景観も素晴らしく、晴れた日は、関西国際空港や明石海峡大橋が一望できます。

アクセス

詳細

広域

二色の浜海開き

公式サイト

箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Nakajima(@shingoster)がシェアした投稿

海開きの期間

海開き中止

ビーチの特徴

ぴちぴちビーチの愛称で知られる箱作海水浴場は、
豊かな緑に囲まれ、白い砂浜に青い海が広がる海水浴場。

天気が良ければ、淡路島や明石海峡大橋、関西国際空港が見渡せます。

アクセス

詳細

広域

ぴちぴちビーチ海開き

公式サイト

<スポンサードリンク>



淡輪(たんのわ)海水浴場(ときめきビーチ)

この投稿をInstagramで見る

 

Aloalo(@chika_wam)がシェアした投稿

海開きの期間

海開き中止

ビーチの特徴

1904年、当海水浴場は前身が淡輪黒崎海岸に出来て以来の由緒ある海水浴場です
※1885年、大磯海岸に日本で初めて海水浴場が生れてから19年後

アクセス

詳細

広域

ときめきビーチ海開き

公式サイト

大阪の海開き2020最新情報!今年泳げるのはどこ?のまとめ

2020年の大阪の海水浴場の海開き状況をまとめました。

しかし、残念ながら、2020年は、大阪の海水浴場は海開きが中止になっています。

コロナの影響があるので、今年は仕方ないですね。

今年は、近県の海に行ってみてはいかがでしょうか。

和歌山県の海開き情報

<スポンサードリンク>