大泉洋 嫁

北海道の深夜番組「水曜どうでしょう」がきっかけで、大ブレイクし、今や誰もが知る国民的タレントとなった大泉洋さん。

そんな大泉洋さんは、私生活では結婚されています。

大泉洋さんの心を射止めたお嫁さんは、一体誰なのでしょうか?

そこで今回は、大泉洋さんのお嫁さんに注目して、お嫁さんのプロフィールや馴れ初めなどを調べていきます!

<スポンサードリンク>



大泉洋のお嫁さんは誰?

大泉洋 嫁

大泉洋さんのお嫁さんは、誰なのでしょうか?

<スポンサードリンク>



大泉洋のお嫁さんは?

大泉洋さんのお嫁さんは、中島久美子(なかじま くみこ)さんという方、フジテレビのプロデューサーをしています。

フジテレビの社員であり、ドラマ制作センターの副部長を務められている凄い方です。

<スポンサードリンク>



お嫁さんのプロフィール


中島久美子さんのプロフィールを詳しく見ていきましょう。

名前:中島久美子(なかじま くみこ)

生年月日:1970年3月10日

出身:長野県松本市

同期入社:小島奈津子さん(こじま なつこ/現在はフリーアナウンサー)、福原直英さん(ふくはら なおひで/アナウンサー)、西山喜久恵さん(にしやま きくえ/アナウンサー)他

大泉洋さんは1973年生まれなので、お嫁さんの中島久美子さんとは3歳差の年齢ということですね!

<スポンサードリンク>



お嫁さんの経歴は?

中島久美子さんは、大学卒業までずっと長野県で暮らしていました。

高校は、松商学園高校で、大学が、信州大学(経済学部)でした。

大学卒業後、1992年にフジテレビに入社します。

最初は人事部、その後調査部、映像企画部を経た後、編成制作局ドラマ制作のセンター副部長へと就任しました。

中島久美子さんはドラマプロデューサーとして、フジテレビで放送される様々な作品に携わっています。

<スポンサードリンク>



大泉洋の妻がしているドラマプロデューサーとはどんな仕事?

大泉洋 嫁

ドラマプロデューサーって、どんな仕事なのだろう?と気になりますよね。

そこでドラマプロデューサーの仕事内容や、中島久美子さんがプロデュースした作品を紹介していきます。

<スポンサードリンク>



ドラマプロデューサーとは

プロデューサーとディレクターは違い、ディレクターは現場の責任者を担っている一方で、プロデューサーは番組全ての責任者という重要な役割を持ちます。

とても責任重大な仕事ですが、中島久美子さんはやりがいがあると感じられているそうです。

<スポンサードリンク>



お嫁さんのプロデュース作品

中島久美子さんがプロデュースしたドラマは、どのような作品があるのでしょうか?

代表作を紹介していきます。

プロデュース作品その①:氷の世界(1999年)


1つ目は、1999年10月から12月まで放送の「氷の世界」です。

竹野内豊さんと松嶋菜々子さんが主演のドラマで、いわゆる月曜9時の「月9」枠として放送されました。

保険金殺人をテーマとしたミステリー・サスペンス作品となっていて、最高視聴率は24.4%を記録しています。

中島久美子さんは、当時プロデューサー補助として番組制作に携わりました。

プロデュース作品その②:天才柳沢教授の生活(2002年)


2つ目は、2002年10月から12月まで放送された「天才柳沢教授の生活」です。

漫画が原作のドラマで、松本幸四郎さんの他、戸田恵子さんや小日向文世さんなどが出演されています。

中島久美子さんは、和田行(わだ こう)さんと2人で、このドラマのプロデュースを行いました。

プロデュース作品その③:ロス:タイム:ライフ(2008年)


3つ目は、2008年2月から4月まで放送された「ロス:タイム:ライフ」です。

もともと、BSのTBSとフジテレビが共同でショートフィルムとして制作されていた作品で、好評を博しテレビドラマ化となりました。

「ロス:タイム:ライフ」は、1話完結のオムニバス形式のストーリーとなっていて、上野樹里さんや友近さんなど様々な方が出演しています。

中島久美子さんは1人でプロデュースを行い、その他に「水曜どうでしょう」の企画をした鈴井貴之さんも演出として参加していました。

プロデュース作品その④:救命病棟24時(2001年、2005年、2009年)


4つ目は、「救命病棟24時」シリーズです。

救命救急センターを舞台とした作品で、1999年に始まった第1シリーズから2013年の第5シリーズまで放送されています。

中島久美子さんは、第2シリーズ(2001年)、第3シリーズ(2005年)、そして第4シリーズ(2009年)に携わりました。

ドラマは人気となり、第2シリーズの最高視聴率が25.4%、第3シリーズの最高視聴率が21.4%、そして第4シリーズの最高視聴率が20.3%を記録しています。

<スポンサードリンク>

大泉洋とお嫁さんの馴れ初めは何?

大泉洋 嫁

大泉洋さんとお嫁さんの馴れ初めは、何でしょうか?

<スポンサードリンク>



馴れ初めは?


大泉洋さんとお嫁さんの中島久美子さんは、ドラマで知り合いました。

中島久美子さんがプロデュースした、2005年放送の「救命病棟24時 第3シリーズ」で、大泉洋さんが出演

この時の大泉洋さんは、俳優として活躍し始めたころでした。

2人は出会ったものの、プロデューサーと俳優という関係性から恋愛に発展することはありませんでした。

この投稿をInstagramで見る

 

ニャンキチ(@ponkotu705)がシェアした投稿

そして、大泉洋さんと中島久美子さんが再び出会った作品は、2008年放送の「ロス:タイム:ライフ」です。

この再会で2人は親しい関係となり、本格的な交際が始まりました。

<スポンサードリンク>



結婚はいつ?

2008年交際が始まり、翌年の2009年5月2日に大泉洋さんと中島久美子さんは入籍しました。

さらに翌年の2010年8月29日に、結婚式を行ったそうです。

結婚式は、家族や親しい人だけで行われたそうですよ。

<スポンサードリンク>



お嫁さんとのエピソードは?

大泉洋さんは、自身の出演した番組でお嫁さんとのエピソードを時々話しています。

その中でも、特に印象的なエピソードを紹介します。

エピソード①:結婚の挨拶

1つ目は、結婚の挨拶をしに中島久美子さんの両親の元へ、大泉洋さんが訪ねたエピソードです。

結婚の挨拶は、料亭の個室で行われたそうです。

まだ、結婚することは世間の誰もが知らず秘密としていました。

そのため大泉洋さんは、誰にも知られてはいけないと思い、仲居さんがいない隙間を狙って、結婚の挨拶を行ったそうです。

エピソード②:婚姻届け

2つ目は、婚姻届けです。

婚姻届けは、大泉洋さんの地元である札幌で、お嫁さんの中島久美子さんと2人で提出したいという思いが強かったそうです。

ただ、いつマスコミに知られてスクープとなるか分かりません。

そこでマスコミに知られないように、2人の飛行機の時間をずらすなど、厳戒態勢で行われました。

大泉洋さんは、空港や自宅など多数のマスコミがいるかと思ったそうですが、実際には誰もいなく、逆に「もう少し結婚したことを騒いでほしかった」と嘆くくらいだったそうです。

<スポンサードリンク>



大泉洋のお嫁さんは誰?馴れ初めは何?のまとめ

大泉洋さんさんのお嫁さんや馴れ初めについて、調べてきました。

大泉洋さんのお嫁さんは、中島久美子さんでフジテレビのドラマプロデューサーです。

大泉洋さんより3歳年上の仕事ができる女性で、様々なヒットドラマ作品に携わっていました。

現在も、度々お嫁さんとの結婚エピソードを話している大泉洋さん。

とても仲が良い夫婦だという印象なので、今後も仲睦まじいエピソードを紹介してほしいと思います!

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2