ニュース11

オマリーの六甲おろしが流れたと話題になっています。

高校野球放送の雨天中断中にNHKラジオで流れたのが、「オマリーの六甲おろし」でした。

なぜ、そんなに話題になるのでしょうか。

また、「オマリーの六甲おろし」とは何なのでしょうか。

<スポンサードリンク>




オマリーの六甲おろしとは


オマリーの六甲おろしについてまとめていきます。

オマリーの六甲おろしとは?

「オマリー」とは、元プロ野球選手のトーマス・パトリック・オマリー選手のことです。

1991年から1994年まで、阪神タイガースに在籍して、助っ人として活躍していました。

また、「六甲おろし」とは、阪神タイガースの歌です。

阪神タイガースの公式戦で球場で流れたり、阪神ファンが合唱する歌です。

「オマリー」+「六甲おろし」

オマリーの六甲おろしとは、阪神に在籍していたオマリー選手が阪神タイガースの歌を球場で歌うことがありました。

それが、CD化もされていました。

「オマリーの六甲おろし」を聞いてみたい!


オマリーの六甲おろしがどんな歌なのか気になりますよね。

実際に、聞いてみるとこれが、高校野球の雨天中断中にNHKラジオで流れたとなると話題になるのもわかりますよね。