大谷翔平成績

大谷翔平選手は、二刀流で記憶に残る活躍をして、メジャーリーグ移籍していきました。

では、大谷翔平選手は、北海道日本ハム時代に、どんな成績を残していたんでしょうか。

二刀流の印象が強いので、どんな成績を残しているのか意外と知らないんですよね。

そこで、大谷翔平選手の成績(プロ入り通算)をまとめました。

<スポンサードリンク>




大谷翔平の通算成績


北海道日本ハムファイターズに入団後の通算成績(2013~2017年の5年間)をまとめました。

投手通算成績

・登板数:85

・勝利:42

・敗北:15

・セーブ:0

・勝率:737

・防御率:2.52

勝率の737と防御率の2.52はとても優秀な成績ですよね。

成績だけでは、どれくらいすごいのかが分かりにくいところもありますよね。

そこで、田中将大選手とこちらで比較しています。

大谷翔平選手の成績を田中将大投手と比較

<スポンサードリンク>

打者通算成績

・試合数:403

・打席:1170

・打数:1035

・安打:296

・打率:286

・本塁打:48

・打点:166

5年間の打者通算成績をまとめましたが、一見では、目立った部分がないように思います。

そこで、イチロー選手と比較してみました。

大谷翔平選手成績を打者で比較!イチローと比べたら?

<スポンサードリンク>




大谷翔平の獲得タイトルは?

賞

大谷翔平選手は、二刀流で話題性が豊富でしたが、記録も残しています。

大谷翔平の獲得した賞は?

・最多勝:1回(2015年)

・最優秀防御率:1回(2015年)

・最高勝率:1回(2015年)

<スポンサードリンク>




大谷翔平選手の成績!通算では?のまとめ

大谷翔平選手のプロ入り後の通算成績をまとめました。

投手成績では、勝率と防御率が優れていることが分かりました。

登板数が増えても同じ成績を残すことができたら、すごい記録が達成されそうですよね。

一方で、打者成績についてですが、恐らく悪くはないのですが、特別いい成績だとも言えないですよね。

これが、大谷選手の成績だと言われなければ、分からないくらいではないでしょうか。

投手では、タイトルを獲得しているのに、打者では、タイトルを獲得していません。

二刀流は、投手よりも打者成績に影響しやすいのかもしれませね。