大谷翔平目標達成シート

大谷翔平選手が高校に作っていたマンダラートが注目されています。

目標は、誰でも決めることがありますよね。

元旦に、「今年は、これをやるぞ!!」と目標を決めた経験がある人も多いですよね。

ただ、その目標を今実行していると言える人はどれくらいいるでしょうか。

かなり、少ないですよね。

目標すら、忘れてしまっている人も多かったりします(笑)

そんな人にも知ってもらいたいのが、このシートです。

大谷翔平のマンダラートの例と作り方をご紹介します。

<スポンサードリンク>




大谷翔平のマンダラートとは

大谷翔平目標シート

出典:スポーツニッポン

大谷翔平選手が高校自体に作ったのがこのシートです。

シートは、縦9マス、横9マスの81マスからできています。

このシートは、「マンダラート」または、「マンダラチャート」とも言われています。

仏教で使われている曼荼羅(まんだら)に見た目が似ているからなんです。

このマスの1つ1つに大谷翔平選手の考えがつまっているんです。

<スポンサードリンク>




大谷翔平マンダラートの中身とは

チェック4

大谷翔平選手のマンダラートについて詳しくまとめていきます。

マンダラートは81マス

マンダラートは、81マスのシートからできています。

この81マスに、目標を記入していくんです。

また、81マスの中に書かれているのは、目標だけではありません。

目標以外にも記入する項目があるんです。

具体的な内訳をまとめました。

<スポンサードリンク>

マンダラートの中身は?

・達成したいこと(目的):1つ

・達成したいこと(目的)のために、必要な目標:8つ

・目標を達成するために必要なこと:64(8x8)つ

1(目的)+8(目標)+64(必要なこと)=73です。

目標が2回書かれているので、73+8=81になります。

<スポンサードリンク>




大谷翔平選手のマンダラチャート項目例

おすすめ5

次に、大谷翔平さんが記入した具体的な内容をまとめていきます。

目標達成したいこと

大谷翔平選手が、このマンダラートを作ったときに一番達成したかったことは、真ん中に書かれています。

それは、「ドラ1・ 8球団」です。

ドラフト会議で、8球団から1位指名を受けるというものです。

今までのドラフト会議で、8球団からのドラフト1位指名が、最多です。

2人いて、野茂英雄(のも ひでお)さんと小池秀郎(こいけ ひでお)さんです。

偶然にも2人の「ひでおさん」が、最多指名を受けているんです。

そのための目標

次に、ドラ1 8球団の指名を受けるための目標をまとめています。

表では、中心の「ドラ1 8球団」を囲むように書かれた8つの目標です。

具体的には、体つくり、コントロール、キレ、メンタル、スピード、人間性、運、変化球の8つです。

<スポンサードリンク>

8つの目標達成のためのシート

この8つの目標を達成するための目標についても考えられています。

それが、8つの目標を中心として書かれた8つのことです。

人間性の例

表の左下に目標として挙げられた人間性を例に、確認してみましょう。

感性、愛される人間、計画性、思いやり、感謝、礼儀、信頼される人間、継続力の8つです。

<スポンサードリンク>




大谷翔平のマンダラートの作り方

困った3

大谷翔平選手の例を挙げましたが、同じようなマンダラートは、誰にでも作ることができるんです。

目標達成シート(表)を準備する

9マスx9マスの表を用意します。

そして、その9マスから、縦横3マスになるように分けます。

準備は、これだけです。

手書きでも簡単に作ることができますし、エクセルならより簡単です。

市販の手帳を使う方法もあります。

大谷翔平選手のマンダラートを作るのに便利な手帳はこちら⇒マンダラ手帳

達成したい目標を決める

一番達成したい目標を決めて、真ん中に書きます。

その目標を達成するために必要なこと

次に、その目標を達成するために必要なことを8つピックアップします。

この8つもまた、目標になるので、よく考えてくださいね。

更に8つ必要なことを考える

先ほどの8つの項目を達成するために、必要なことを8つピックアップします。

実行

あとは、実行するだけです。

<スポンサードリンク>




大谷翔平のマンダラートとは?エクセルなら簡単にチャート作成できる?のまとめ

大谷翔平選手が作ったマンダラートを例に作り方をまとめました。

目標達成したいことを1つ決めて、達成するために8つの目標を考える。

そして、更に8つの必要なことを考えて、72個を実行することで目標を達成するというものです。

シートを作るだけでも、パワーが要りそうですよね。

さらに、それを実行するとなるとかなりの意志の強さが要りそうですね。

しかし、その意志の強さがあるからこそ、活躍できるのかもしれませんね。

大谷翔平選手が目標をマンダラートに書いていったように自分の目標をまとめてみるもいいかもしれませんね。

大谷翔平選手のマンダラートを作るのに便利な手帳はこちら⇒マンダラ手帳