大谷翔平成績高校

大谷翔平選手は、NPB(日本のプロ野球)で活躍して、MLB(メジャーリーグ)に移籍していきました。

NPB時代も注目を集めていましたが、MLBに移籍しても更に注目を集める選手になっていますね。

では、プロ入り前の高校時代の成績は、どうだったんでしょうか。

大谷翔平選手の高校時代の成績をまとめました。

<スポンサードリンク>



大谷翔平の高校時代の成績

大谷翔平選手の高校時代の成績についてまとめていきます。

大谷翔平の出身高校は?

花巻東高校(宮城県)です。

大谷翔平選手は、同高OBの菊池雄星投手に憧れて、花巻東高校に入学します。

菊池投手は、大谷翔平選手よりも3歳年上で、花巻東高校時代に何度も甲子園に出場していましたね。

高校1年生

1年生の初めの頃は、野手をしていました。

その理由は、大谷翔平選手の体が成長段階なので、投手をするのは、まだ先という監督の方針があったからでした。

しかし、大谷翔平さんは野手だった1年生の春から、公式戦に出場していました。

しかも、打順が4番でした。

この時点で、普通の高校生の域を超えていますよね。

しかも、花巻東高校は、甲子園に何度も出場したことのある強豪校です。

その中で、高校に入学したばかりの1年生が4番を打つんですからね。

大谷翔平の投手デビュー

1年生の秋からは、本格的に投手として始動します。

もちろん、いきなりエースです。

さすがですよね。

球速もこの段階で、147㎞/hを記録します。

<スポンサードリンク>



高校2年生

高校2年生の春には、151㎞/hを記録します。

そして、迎えた第93回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)では、150㎞/hを記録します。

この記録は、当時の高校2年生の最速タイ記録でした。

この記録は、過去には、田中将大選手が記録していました。

ただ、このとき大谷選手はケガをしていて、途中登板でした。

試合も1回戦で敗退しています。

<スポンサードリンク>



高校3年生

第84回選抜高等学校野球大会(春の高校野球)に出場します。

しかし、初戦で藤浪晋太郎選手(阪神タイガース)を擁する大阪桐蔭高校に敗れてしまいます。

夏の甲子園を目指しましたが、県大会で敗退して出場は、叶いませんでした。

だだ、県大会で記録した160㎞/hというニュースが話題となりました。

そして、9月には、第25回AAA世界野球選手権大会の日本代表に選出されます。

県大会で敗退した選手が、選ばれるだけでも珍しいので、大谷翔平選手の力が抜けていたんでしょうね。

しかも、四番・指名打者として起用されました。

結果は、残念ながら6位に終わりました。

大谷翔平選手の成績は!高校時代から超一流だった?のまとめ

大谷翔平選手の高校時代の成績を振り返りました。

投手としては、最高球速を更新しています。

打者としても、1年生から4番を打ち、日本代表でも4番を打つなど頭角を表しています。

しかし、2度出場した甲子園では、どちらも1回戦敗退と残念な結果となりました。