大谷翔平成績2015年

2年目で、投手で10勝を挙げ、打者でも10本塁打という二刀流の活躍をした大谷翔平選手。

2015年は、プロ入り3年目の年になります。

プロ生活にも慣れてくる時期ですよね。

気になるのが、大谷翔平選手の成績です。3年目の2015年の成績をまとめました。

<画像引用元:NumberWeb http://number.bunshun.jp/>

<スポンサードリンク>




大谷翔平の2015年成績

大谷翔平2015

大谷翔平選手の2015年の成績を投手成績、打者成績に分けてまとめました。

投手成績

・登板24試合 15勝5敗 勝率 .750 防御率 2.24

勝利数を更に伸ばしてきただけではなく、防御率も2点代になりました。

勝率は、750と高い率をキープしています。

<スポンサードリンク>

打撃成績

・70試合 119打席 打率202 本塁打5本

打者成績は、2014年に比べると少し物足りない成績になっています。

出場試合数も減っているので、投手の方に重点を置いていたのかもしれませんね。

<スポンサードリンク>




大谷翔平の2015年のトピック

大谷翔平4

2015年は、大谷翔平選手にどんなことがあったのでしょうか。

2015年シーズン前半戦

・3月27日:東北楽天イーグルス戦で、初の開幕投手をつとめました。2015年初勝利を挙げました。

・4月19日:福岡ソフトバンクホークス戦で、初の4三振をしています。

2015年オールスターゲーム

投手としてファン投票で選出されました。

2014年に、野手としてファン投票で選出されているので、投手と野手の両方で選出されたことになります。

オールスターゲームのファン投票で、投手と野手で選出されたのは、関根潤三さん以来です。

大谷翔平選手もすごいですが、関根さんもすごかったんですね。

・第1戦:先発し、2回2安打1失点という成績でした。

<スポンサードリンク>

2015年シーズン後半戦

・8月8日:東北楽天イーグルス戦で、プロ入り初のサヨナラヒットを記録しました。

クライマックスシリーズ(CS)

・ファーストステージ第1戦:千葉ロッテマリーンズ戦に、先発するも3回5失点で敗戦投手になってしまいました。

タイトル

・最多勝利:15勝

・最優秀防御率:2.24

・最高勝率:750

投手3冠を達成しました。

WBSCプレミア12

1015年は、4年に1度開催される国際大会がありました。

大谷翔平選手も日本代表に選出されて、大会に参加しました。

・開幕試合:韓国戦で先発し、7回を1安打無失点に抑えました。チームが敗れたため、勝敗はつきませんでした。

韓国戦の詳細はこちら

大谷翔平に対する海外の反応!オランダ・韓国編

<スポンサードリンク>




大谷翔平選手の成績!2015年の記録は?のまとめ

2015年の大谷翔平選手の成績をまとめました。

投手としては、3つのタイトルを獲得して、日本を代表する選手になりました。

しかし、その反面、打者としては、思うような成績を残すことができない1年になりました。

投手成績だけ見れば、十分な成績なんですよね。

投手3冠を獲れる選手なんて、何年に1人というレベルですからね。

そんな成績を収めたうえで、打者成績まで、期待するのは求めすぎなような気もしますが・・・

それも、大谷選手ならやってくれるというファンの期待が大きいんですよね。

<この記事の関連記事はこちら>

大谷翔平選手の成績!2013年ルーキーイヤー

大谷翔平選手の成績!2014年の記録とは

大谷翔平選手の成績!2016年は優勝シーズン

大谷翔平選手の成績!2017年NPB最終シーズン