蒔田彩珠 ちびまる子

7歳で子役デビューし、現在も女優として活躍を続けている蒔田彩珠(まきた あじゅ)さん。

子役時代から様々なドラマや映画、CM作品に出演し続けてきました。

そんな蒔田彩珠さんは、ドラマ「ちびまる子ちゃん」のちびまる子役を演じていた、と話題になっています。

果たして蒔田彩珠さんは、ちびまる子役だったのでしょうか?

気になったので、調べてみました!

<スポンサードリンク>



蒔田彩珠はちびまる子?

蒔田彩珠 ちびまる子

蒔田彩珠さんは、ドラマ「ちびまる子ちゃん」のちびまる子役だったのでしょうか?

ドラマ版「ちびまる子ちゃん」とは?

「ちびまる子ちゃん」と言えば、小学生のまる子の何気ない日常生活を描いたコメディ作品ですよね。

アニメの印象が強い「ちびまる子ちゃん」ですが、実は今までに4回ドラマ化されています

1番最初は、2006年4月でした。

スペシャルドラマとして制作された「ちびまる子ちゃん」は、高視聴率(22.8%)を記録しています。

その後、2006年10月に第2弾が放送され、好評だったことから2007年に連続ドラマ化もしています。

そして4度目は、2013年です。

出演者を一新し、フジテレビ開局55周年記念として、スペシャルドラマが放送されました。

蒔田彩珠はちびまる子役?

蒔田彩珠さんは、2013年版の「ちびまる子ちゃん」に出演しています。

ただし、蒔田彩珠さんはちびまる子役ではありません。

2013年版のちびまる子役は、信太真妃(しんた まき)さんが演じられています。

蒔田彩珠が演じたのは?

では、蒔田彩珠さんが演じたのは、どんな役だったのでしょうか?

蒔田彩珠さんは、ちびまる子の姉・さくらさきこ役として出演しています!

当時、蒔田彩珠さんの年齢は11歳。

2013年版のドラマは、ちびまる子の母親役に飯島直子さん、父親役にアンジャッシュの児島さん、祖父役にモト冬樹さんと言う、そうそうたるメンバーでした。

そんな中で蒔田彩珠さんは、ちびまる子の姉役を見事に演じ切り、演技力の高さから話題となります。

<スポンサードリンク>


子役時代に出演したドラマは?

蒔田彩珠 ちびまる子

蒔田彩珠さんは、子役時代に様々なドラマ作品に出演していました。

そこで、代表的な作品を紹介します!

出演ドラマ①:ゴーイング マイ ホーム

1つ目は、2012年放送の「ゴーイング マイ ホーム」です。

「ゴーイング マイ ホーム」は、阿部寛さんが主演で、故郷へ戻ってきた主人公が繰り広げるホームドラマ作品でした。

蒔田彩珠さんが演じたのは、阿部寛さんの娘役です。

当時10歳だった蒔田彩珠さんは、監督の是枝裕和さんが絶賛するくらいの高い演技力を披露しました。

以降、蒔田彩珠さんは、映画「万引き家族」など是枝裕和監督作品に多数出演するようになったことから、蒔田彩珠さんの演技の才能を感じさせます!

出演ドラマ②:重版出来!

2つ目は、2016年放送の「重版出来!」です。

「重版出来!」は、漫画編集部を舞台とした作品で、黒木華さんが主人公を演じられています。

蒔田彩珠さんは、「重版出来!」で伝説の漫画家で現在は酒浸りの日々を送る父親を持つ、娘役を演じました。

父親が原因でイジメられ、心を閉ざす難しい役どころを見事に演じ切っています

出演ドラマ③:五年目のひとり

3つ目は、2016年放送の「山田太一ドラマスペシャル・五年目のひとり」です。

「五年目のひとり」は、東日本大震災から5年経った東京を舞台にした作品で、主演は渡辺謙さんでした。

蒔田彩珠さんは、震災で家族全員を失った主人公と交流する中学生を演じています。

蒔田彩珠はちびまる子?子役時代に出演したドラマは?のまとめ

蒔田彩珠さんが出演したドラマ「ちびまる子ちゃん」での役柄や、子役時代に出演したドラマ作品について、紹介してきました。

蒔田彩珠さんは、11歳の時にドラマ「ちびまる子ちゃん」に出演し、役柄は、まる子の姉役です。

子供のころから演技の才能があった蒔田彩珠さんは、以降も様々なドラマに出演しています。

現在は、美少女評論家が「ブレークの期待大の若手女優」として、蒔田彩珠さんの名前を挙げるほど注目を集めています。

蒔田彩珠さんのこれからの活躍も楽しみですね!

引用:http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=35