コロナ治療薬アビガン

2020年は、コロナによって大きく予定が変わった人も多かったですよね。

コロナの治療薬がないために、「コロナになったらどうしよう」と不安な日々を過ごすことになってしまいました。

しかし、ついに、コロナの治療薬としてアビガンが申請されることになったんです。

もし、アビガンがコロナ治療薬として承認されれば、コロナになっても薬がある安心感が生まれます。

いろんなイベントも復活するかもしれませんね。

アビガンは、コロナ治療薬として承認されるんでしょうか。

そして、承認されるとすれば、いつなんでしょうか。

<スポンサードリンク>



コロナ治療薬アビガンが承認?

新型コロナウイルスの治療薬候補「アビガン」について、富士フイルム富山化学が近く国に製造販売の承認を申請することがわかった。9月中旬まで実施した臨床試験(治験)のデータを20日に精査し、一定の有効性が確認できたもようだ。承認されれば、日本で開発された新型コロナ治療薬としては初めてとなる。

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371623

アビガンがコロナ治療薬として臨床試験で効果が確認できたため、治療薬として申請されることになりました。

以前から、アビガンがコロナに効くという報道もありましたが、否定する報道もありましたよね。

なぜ、このタイミングでアビガンがコロナ治療薬として申請されることになったのでしょうか。

<スポンサードリンク>


コロナ治療薬アビガンが有効と判断されたのは?

アビガンはコロナ治療薬として効果があるという報道が、春頃にもありました。

しかし、治験をするには、一定の人数が必要だったんです。

緊急事態宣言によってコロナ患者数が減少していたために、治験できる人の数が減っていたことがアビガンの申請が遅れた原因だったんです。

皮肉にもコロナの第二波で患者数が増えたことで、治験できる人数が目標数に達して、アビガンの効果が確認できたということでした。

アビガンが承認されるのはいつ頃?


年内に承認される可能性も!

薬なので、慎重に進められると思いますが、時期は早い方がいいですよね!

コロナ治療薬アビガンが承認のSNSの反応は?

 

<スポンサードリンク>



コロナ治療薬アビガンが承認?いつ頃?のまとめ

コロナ治療薬アビガンが承認?いつ頃?についてまとめました。

アビガンが承認されるのは、2020年中という見方がありますね。

承認されれば、コロナになってもアビガンで治療ができるということになりますね。

2021年は、オリンピックを始め、いろんなイベントを楽しむことができそうですね!