危険なビーナスサヴァン症候群とは

危険なビーナスに登場した「サヴァン症候群」。

サヴァン症候群は、病気ではなく、俗に天才と呼ばれる人が多いのが特徴の症状です。

サヴァン症候群とはどんな症状で、具体的には、どんな人がいるのでしょうか。

<スポンサードリンク>



サヴァン症候群とは

危険なビーナスサヴァン症候群

サヴァン症候群とは、どんなものなんでしょうか。

サヴァン症候群とは

知的障害や自閉症などの発達障害等のある人が、その障害とは対照的に優れた能力・偉才を示すこと。

また、ある特定の分野の記憶力、芸術、計算などに、高い能力を有する人を示す

サヴァン症候群の原因は諸説あり、特定には至っていない。

脳の器質因にその原因を求める論が有力だが、自閉症(自閉症スペクトラム障害)のある者が持つ特異な認知をその原因に求める説もある。

中枢神経疾患によって、後天的に能力を発現する場合もあり、これは獲得性サヴァン症候群と呼ばれる。

なお、自閉症や発達障害、コミュニケーション障害のある者の全てが能力を持っているわけではない。

獲得性サヴァン症候群とされているのは、危険なビーナスで後天性サヴァン症候群と同じことのようですね。

<スポンサードリンク>



サヴァン症候群の具体例は?

サヴァン症候群の人の能力の具体例はどんなものがあるのでしょうか。

<スポンサードリンク>



サヴァン症候群の具体例

記憶力

書籍や電話帳、円周率、周期表などを暗唱できる。

サヴァン症候群で、最も多い能力は「記憶」に関する能力だと言われています。

判断

素数と約数を瞬時に判断できること。

カレンダー計算

ランダムな年月日の曜日を言えるもの。

しかし、サヴァン症候群でない人でもいえる場合も多いそうです。

その他

音楽を一度聞いただけで、演奏できる。

数か国語を自由に操る。

など。

<スポンサードリンク>



サヴァン症候群の主人公の映画

危険なビーナスのサヴァン症候群1

映画の主人公がサヴァン症候群と考えられる映画が「レインマン」です。

レインマンで描かれたサヴァン症候群とは

映画「レインマン」は、1988年にアカデミー賞4部門を受賞した作品です。

主人公のレイモンドをダスティン・ホフマンが演じました。

弟のチャーリーを演じたのが、トム・クルーズでしたね。

<スポンサードリンク>



レイモンドはサヴァン症候群

映画の中で、レイモンドは、自閉症の男の役を演じていました。

映画の中では、サヴァン症候群という設定ではありませんでした。

しかし、トランプのカードを記憶するシーンなども特殊な能力であり、サヴァン症候群の特徴である記憶力だと考えることができます。

実際、撮影にあたり、映画スタッフやダスティン・ホフマンもサヴァン症候群の患者に直接あって役作りに盛り込んだと言われています。

レインマンを見るならこちら⇒U-NEXT無料体験

<スポンサードリンク>

サヴァン症候群を扱った作品は?

レインマン以外にもサヴァン症候群の人物が活躍するドラマがありました。

ケイゾク

サヴァン症候群ドラマ1

中谷美紀さんと渡部篤郎さんの出演していたドラマ「ケイゾク」。

中谷美紀さんが演じた柴田純は、天才的な推理力を持っています。

ドラマでは、サヴァン症候群の設定ではありませんでしたが、後に、サヴァン症候群だったと言われています。

<スポンサードリンク>



SPEC

サヴァン症候群のドラマ2

戸田恵梨香さんと加瀬亮さんの出演していたドラマ「SPEC(スペック)」。

戸田恵梨香さんの演じた当麻紗綾はIQ201の頭脳を持つ天才。

この当麻紗綾もサヴァン症候群という設定ではありませんでしたが、後に、サヴァン症候群の人物と言われています。

ケイゾクやSPECを見るなら⇒U-NEXT無料体験 または Paravi無料体験

<スポンサードリンク>



危険なビーナスのサヴァン症候群とは?30億の価値は?のまとめ

危険なビーナスに登場した「サヴァン症候群」について調べてみました。

サヴァン症候群とは、知的障害や自閉症などの発達障害等のある一方で、並外れた記憶力など、特殊な能力を有する人たちを指す名前でした。

サヴァン症候群の人は、その分野では天才と呼ばれる活躍をすることがあります。

サヴァン症候群は、自然発生的なものなので、故意にサヴァン症候群の能力を付けることができるものではありません。

そんなことができるのであれば、天才を作ることができるということになり、30憶円以上の価値があると言えるのかもしれませんね。