鬼滅の刃日の呼吸の型

鬼滅の刃に登場する「日の呼吸」の型一覧をまとめました。

すべての呼吸の元になった型が、「日の呼吸」でしたね。

炭治郎がピンチになったときに、父の記憶を元に繰り出すことが多かった「日の呼吸」。

日の呼吸の型をまとめました。

ネタバレ注意です。

<スポンサードリンク>



鬼滅の刃・日の呼吸の型

日の呼吸・壱ノ型:円舞(えんぶ)


刀を両手で握り、円を描くように振るう技。

十二鬼月の一人「下弦の伍」の累との戦いで、水の呼吸「生生流転」では不利な状況で、日の呼吸「円舞」を繰り出した。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・弐ノ型:碧羅の天(へきらのてん)


両腕で刀を握り、腰を回す要領で空に円を描くように振るう技で、垂直方向の強烈な斬撃を生む。

映画「無限列車」に登場した機関車と一体化して巨大になった魘夢の頸椎を両断した技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・参ノ型:烈日紅鏡(れつじつこうきょう)


両腕で刀を握り、肩の左右で素早く振るう二連撃の技。

猗窩座(アカザ)との闘いで使った技。

日の呼吸・肆ノ型:灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)


両腕で刀を握り、太陽を描くようにぐるりと振るう技。

水平方向に渦巻く焔のような闘気が、前方中距離まで広範囲を薙ぎ払うため、攻防を同時に行える。

上弦の陸(堕姫)との戦いで使った技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・伍ノ型:陽華突(ようかとつ)


刀を右手で握り、その柄尻を左の手のひらで押し込むようにして繰り出す技。

日の呼吸の中で、唯一の刺突技。

上弦の肆(半天狗)との戦いで使った技。

日の呼吸・陸ノ型:日暈の龍・頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)


動きながら刀を振るうたびに、剣の軌道が、太陽の光が薄雲に映る暈(かさ)の円のようにいくつも連なって、龍のように見える。

上弦の肆(半天狗)との戦いに使用した技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・漆ノ型:斜陽転身(しゃようてんしん)


空中で態勢を反転させ、逆さまになった態勢で水平に刀を振るう技。

上弦の参(猗窩座)との戦いに使用した技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・捌ノ型:飛輪陽炎(ひりんかげろう)


刀を両腕で振りかぶり、揺らぎを加えた独特な振り方で降ろす技。

揺らぎにより刃の長さを相手に誤認させる。

上弦の参(猗窩座)との戦いに使用した技。

日の呼吸・玖ノ型:輝輝恩光(ききおんこう)


刀を両腕で握り、体ごと渦巻くように回転しながら跳躍する技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・拾ノ型:火車(かしゃ)


刀を両手で握り、敵の頭上を飛び越え、身体ごと垂直方向に回転して背後から斬りつける技。

上弦の陸(堕姫)との戦いで使用した。

また、上弦の参(猗窩座)との戦いでも使用した技。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・拾壱の型:幻日虹(げんにちこう)


高速のうねりと回転による回避技。

速度が速いだけでなく、残像によるかく乱効果があり、視覚の優れた相手にほど有効な技。

上弦の陸(堕姫)との戦いに使用。

<スポンサードリンク>



日の呼吸・拾弐ノ型:炎舞(えんぶ)


刀を両腕で握り振り下ろした後、素早く振り上げる技で、高速二連撃となる。

下弦の伍(累)との戦いで使用。

<スポンサードリンク>



火の呼吸・拾参ノ型:(日の呼吸の12個の型の円環)


拾参ノ型は、十二の型全てを連続して振るい、正に太陽の様に円環を成す事で完成する型である。

壱ノ型「円舞」と拾弐ノ型「炎舞」をつなげることで、日の呼吸の12個の型がつながって連続して繰り出すことができるようになる。

<スポンサードリンク>



鬼滅の刃・日の呼吸の型一覧!全13個の技とは!【完全版】のまとめ

鬼滅の刃に登場する「日の呼吸」の13個の型についてまとめました。

12個を型をマスターすることで、12個の型をつなぐことができるようになり、12個の型を連続して繰り出すことが13個目の型になるという秘密がありました。

原作の中では、13個目の型は登場することはなく幻に終わってしまいました。

引用:https://kimetsu.com/anime/

<この記事の関連記事>

鬼滅の刃の他の呼吸についてはこちら⇒鬼滅の刃の呼吸一覧!全14種の呼吸を総まとめ!