危険なビーナスネタバレ感想第10話

危険なビーナスのネタバレと感想をまとめました。

第9話では、明人に続き百合華も誘拐されてしまいました。

そして、10話はついに最終回!!

<スポンサードリンク>



危険なビーナス9話の振り返り

危険なビーナス9話

引用:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/

あらすじ・ネタバレ

「9話の内容」をクリックして見る

伯朗(妻夫木聡)は混乱していた。

母・禎子(斉藤由貴)の死の真相と、明人(染谷将太)の失踪、後天性サヴァン症候群に関する康治(栗原英雄)の研究記録。

それらは関係があるのか?

そして、楓(吉高由里子)は自分を裏切り、勇磨(ディーン・フジオカ)とつながっていた…。

伯朗は苦しい胸の内を元美(中村アン)に吐露する。

翌朝、楓が勇磨と共に「誤解を解きたい」と動物病院にやって来る。

さらに勇磨は伯朗に「手を組もう」と持ちかける。

康治の研究記録を手に入れたい勇磨は、代わりに明人捜しに力を貸すと言う。

楓も3人で明人を捜そうと訴えるが、楓への不信感がぬぐえない伯朗は2人を追い返す。

康治の死期がいよいよ迫り、矢神家で親族会が開かれた。

遺産相続人である明人が戻ってこなければ、遺産は残る親族で均等に分配か…。

一族それぞれの思惑が交錯する中、波恵(戸田恵子)が衝撃発言をする!

“楓は本当に明人の妻なのか――。”

伯朗は楓の正体を探るため、彼女の実家だという焼き鳥屋を元美と訪ねる…。

危険なビーナス10話あらすじ

危険なビーナス第10話

矢神家の親族会。

当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人(染谷将太)が戻らない今、矢神家の遺産はいよいよ康之介(栗田芳宏)の子たちに均等に分配されることになった。

しかし、楓(吉高由里子)は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴え、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方する。

その時、行方を晦ましていた牧雄(池内万作)が突然現れ、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発する。

見かねた波恵が一同を制し、康之介に関するある重大な事実を語り、「矢神家は康治の代で終わりにします」と言い放つ。

そんななか、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という犯人からのメールが届いたと親族の前で告白する伯朗(妻夫木聡)。

「明人は必ず僕が救い出します!」と宣言し、矢神家を後にする伯朗―。

ついに、犯人との直接対決!!

伯朗は「貴重なもの」を探し出し、明人を救うことができるのか?

犯人は一体誰なのか?母の死の真相とは?

そして、楓は本当に明人の妻なのか?

全ての謎が明かされ、ラストには驚愕の結末が待ち受けるー。

最後の最後まで目が離せない最終回!!

<スポンサードリンク>

ネタバレ

八神家の親族回

親族会で君津の出生の秘密が明らかになります。

実は、波恵の昔の恋人の名前が「君津」だったと佐代が暴露しました。

では、君津は、波恵の子どもかと思いましたが、波恵が否定します。

DNA鑑定の結果は、君津の父は、康之介であることが判明したからです。

君津の父は、波恵と交際中に別の女性と結婚すると告げていたのでした。

しかも、その女性とは、康之介の愛人だったんです。

康之介の愛人だった女性のお腹には、このとき既に君津が宿っていたということだったんですね。

康之介の死

波恵は、康之介のお茶に少しずつ毒を入れていたと告白します。

康之介の死と波恵の毒の関係性は明らかになっていませんが、波恵は自分の使った毒も影響していると確信していると語るのでした。

伯郎と康治の様子を見るまでは、八神家一族をこの毒で殺害する予定だったが、気が変わったとも。

康治と伯郎を育てた偵子の子どもである明人なら、これまでの八神家を変えてくれると期待しているからでした。

貴重なもの

貴重なものを見つけるために、伯郎、楓、そして勇磨は、小泉の家に向かいます。

そこで、貴重なものと考えている康治の研究資料を見つけるのでした。

犯人の要求通り、研究資料を指定の場所に運ぶ伯郎達・・・。

しかし、以前探した屋根裏に資料があったことを不審に思った伯郎と楓は、小泉の家に戻ります。

小泉の家にいたのは

研究資料を持って指定場所に向かう勇磨と別行動をとった二人は、小泉の家に明かりが灯るのを目にします。

家に入るとそこにいたのは、叔父の憲三でした。

憲三は、以前から、一清の絵が数学的に価値のあるものであることを知っていて、小泉の家を探していました。

研究資料は見つかったものの絵を見つけることはできませんでした。

そんなとき、偵子に探しているところを見つかってしまった憲三は、はずみで偵子に怪我をさせてしまいます。

しかも救急車を呼ばずに、浴槽に沈めてしまったんです。

その後、小泉の家が亡くなったと思っていたところ今回の件で、家が残っていることを知りました。

そして、改めて絵を探しに来たのでした。

小泉の家に火を付けた憲三を家の外に出したときに、伯郎は絵の隠し場所をひらめきます。

一清の絵は

絵は伯郎の予想どおり、ふすまの中に隠されていました。

しかし、火が目前に迫っているときに、明人が現れました。

そして、絵をあきらめて逃げることを提言します。

これに従った伯郎と明人は、無事家の外に出ることができました。

明人を誘拐した犯人は?

実は、明人の誘拐計画を知った警察によってかくまわれていたんでした。

そして、その計画で潜入捜査をしていたのが、「楓」だったんです。

楓と明人の関係を知った勇磨も途中からこの計画に加わっていました。

勇磨が協力する条件として、研究調査をもらい受けることになっていました。

伯郎と楓のコンビは

伯郎は、楓が潜入捜査をしていてすべて演技だったことを知って愕然とします。

しかし、元美とデートをすることになり、楓を諦めたかに思えたのですが・・・

楓のことが諦められない伯郎は、元美にデートを中止しようと提案することを考えていました。

しかし、その場にいたのは、元美ではなく、楓だったんです。

そして、二人は「伯郎」と「明人の妻ではない楓」として新たな関係を築き始めるのでした。

ドラマを見た感想は?

40代男性40代男性

評価:★★★★☆

結末が正に大どんでん返しという感じで意外すぎたと思います。
まずは、憲三が禎子を殺したりと一連の犯行の犯人というのは衝撃的でした。
憲三夫妻は伯郎と本当に仲が良さそうだったので、お金や欲が絡むと、人は豹変するので恐ろしいと思いました。
そして、明人の拉致が警察との自作自演というのも驚きでしたが、なんといっても楓が潜入捜査官というのが、正に掟破りの展開という感じがしました。
正に、これまでが迫真の演技だったという感じがしました。

50代女性50代女性

評価:★★★★☆

小泉家の屋根裏に研究記録は置かれていた。それを見つけたのは勇馬。その後、伯朗は小泉家に電気が付いていたことに気づいた。中に入ると、健三だった。健三はある絵を探していて、環状の絵をそれを大人になった明人に知られたくなかったという。そのことに気づいてしまった禎子を健三は殺してしまった。そして、健三はガソリンを巻き、火を点けてしまったのだ。そこへ明人が助けた。実は、楓はサイバー刑事課の女刑事だったのだ。潜入捜査のために伯朗に近づいていたのだった。それが元で楓と結ばれて良かったです。

20代女性20代女性

評価:★★★★★

とにかくスッキリ!!今までの伏線が全て回収されて「なんだそういうことだったのか…」と脱力しました。ずっと俳優の小日向さんが出演しているのに、このまま話に関わることがなく終わるわけがないと思ってきたので「やっぱりな」と思いました。また、楓さんが伯郎の犯人ではなく安心しました。
事件解決後に好きな人を想ってかえでさんに会いに行き、自身は身を引く陰山さんがいい女でかっこよすぎました!
作中ずっと妄想炸裂で受け身だった伯郎が、最後は自分の気持ちをストレートに伝えて、妄想が現実となるハッピーエンドでほっこりして終わりました!

50代女性50代女性

評価:★★★★★

母禎子殺しは、義理の伯父憲三。数学者として、康治の研究を手に入れたかったからということが発端で、禎子を殺してしまったとは。姉を殺したのが、夫であったと知った順子の気持ちと、信頼していた伯父が犯人だあったと知った伯朗の気持ちを思うと、とても辛いです。ひとつの研究で人を狂わせるとは、恐ろしいです。そして、なにもなかったように、伯朗に接していた憲三の精神、理解できません。一方、明人は、危険を察知した警察によって保護されていて、楓は潜入捜査をしていた啓示だったとは、想像外でした。本当にビックリでした。しかし、明人の失踪騒ぎによって、矢神家の人間のドロドロが表に出たのは、明人にとって、良かったことなのかもしれません。そして、その矢神の家に翻弄された波恵の過去が切なかったです。そして、伯朗の楓に対する思いが、妄想でなく、現実となり、よかったですね。それをアシストした元美、格好良かったです。

40代女性40代女性

評価:★★★★☆

全てのナゾが解けてスッキリとしました。といっても、あれだけ込み入っていた人間関係がウソのように収納されてしまったことに、少々驚いてもいます。楓が妙に鋭い行動をしていたのは、潜入捜査官であったことで、納得がいきました。伯郎とのナイスコンビは、ホンモノであったことが証明されて、本当に良かったです。レストランで振り向いた時の楓は、今までとはイメージが少し違い、女性らしさいっぱいで、すごく愛らしかったです。

30代男性30代男性

評価:★★★★☆

楓が警察官で、明人が拉致されていなかったという衝撃の展開が一気に出てきてまさに怒涛の最終回だったと思います。
潜入捜査官だったとはいえ、楓の演技は凄いと思いましたが、伯郎に気持ちがあったのだと思いました。
影山さんがナイスアシストをしたのは素晴らしいと思いました。
素数をテーマにした数々のドラマが作られていますが、今回のドラマも見事に素数をテーマにした謎だったので、素数は本当に溶けないと思いました。
いつの日にか、素数が解かれるのも面白いと思いました。

50代女性50代女性

評価:★★★☆☆

原作では、動物病院の院長の養子となる事を決めた手島伯朗が、獣医の代りをできるまでスキルをあげた蔭山さんと、動物病院でホッと一息くつろいでいると、そこへピンクの豚の貯金箱をゲージに入れた楓が再び現れ、“長いお付き合いになりそうなので”とニヤッと笑うシーンで終わると聞いていたため、ワクワクして楽しみに待っていました。
ストーリー終盤でも、自分の気持ちにはっきり自覚した蔭山さんと楓の修羅場的なシーンもあり、ゾクゾクしていたところ、なんと!伯郎は、楓さんとあっさり相思相愛となり、危険でないビーナスで終了したのでびっくりしました。
…蔭山さんは…!?
特別番外編やスピンオフがあっても良いかもと思いました。

<スポンサードリンク>



危険なビーナスのネタバレ感想!第10話/ついに最終回!

危険なビーナスの第10話のネタバレと感想をまとめました。

第10話では、ついに、明人の誘拐犯人や偵子を殺害した人物が明らかになりました。

どちらも八神家の人たちは関係なかったという結論となりました。

これまで、もやもやとしていた疑問が一気に解決されましたね。