日向坂46のセンターは佐々木美玲が続ける?歴代センターは誰?

日向坂をはじめ坂道グループのセンターが誰になるのかは、注目のポイントですよね。

センターは、ライブはもちろん、テレビでも一番目立つポジションですからね。

グループの顔的な位置づけなので、注目される反面で、プレッシャーもかかくポジションでもあります。

今回は、日向坂のセンター佐々木美玲や歴代のセンターについてまとめていきます。

<スポンサードリンク>



日向坂46のセンター佐々木美玲(1期生)

日向坂46佐々木美鈴

引用:https://www.hinatazaka46.com/s/official/search/artist?ima=0000

まず、日向坂46のセンター佐々木美玲さん(1期生)の情報からまとめていきます。

佐々木美玲とセンター

この投稿をInstagramで見る

 

Taku@坂道(@taku__46)がシェアした投稿


日向坂46の1stアルバムのリード曲「アザトカワイイ」からセンターを務めることになりました。

佐々木美玲さんが日向坂46のセンターを務めるのは、「走り出す瞬間」のリード曲「期待していない自分」以来2年ぶりのセンターになりました。

<スポンサードリンク>



日向坂46の歴代センターは誰

佐々木美玲さん以前の日向坂46のセンターは誰が務めていたのでしょうか。

<スポンサードリンク>



小坂奈緒(2期生):2019年2月~2020年10月

日向坂46メンバー小坂

小坂奈緒さんがセンターを務めたのは、欅坂のシングルカップリング曲の「君に話しておきたいこと」、日向坂46のデビューシングル「キュン」から4thシングルの「ソンナコトナイヨ」まででした。

センター交代の反応は?


次の曲のセンター佐々木美玲に決定したときに、小坂奈緒さんは、大粒の涙を見せました。

小坂奈緒さんの涙には、くやしさというよりは、センターという重圧から解放された解放感が感じられました。

それほど、センターというポジションは、プレッシャーがすごいということですね。

<スポンサードリンク>

日向坂46改名前のけやき坂46時代のセンターは?


日向坂46の前身の「けやき坂46」のセンターについてまとめていきます。

<スポンサードリンク>



加藤史帆(1期生):2018年8月~2019年2月

日向坂46加藤

加藤史帆さんがセンターを務めたのは、欅坂46のカップリング曲の「ハッピーオーラ」(9th)です。

佐々木美玲(1期生)/小坂奈緒(2期生):2018年3月~2018年8月

佐々木美玲

日向坂46佐々木美鈴

佐々木美玲さんは、欅坂46の「ガラスを割れ!」のカップリング曲「イマニミテイロ」(7th)でセンターを務めています。

小坂奈緒

日向坂46メンバー小坂

小坂奈緒さんも同じく、欅坂46の「ガラスを割れ!」のカップリング曲「半分の記憶」(8th)でセンターを務めています。

<スポンサードリンク>



斎藤京子(1期生):2017年10月~2018年3月

日向坂46斎藤

斎藤京子さんは、欅坂46の「風に吹かれても」のカップリング曲「それでも歩いてる」と「NO WAR in the future」でセンターを務めています。

長濱ねる(卒業)/柿崎芽実(卒業)

長濱ねる

この投稿をInstagramで見る

 

長濱ねる(@nerunagahama_)がシェアした投稿


「ひらがなけやき」(1st)、「誰よりも高く跳べ!」(2nd)、「僕たちは付き合っている」(3rd)でセンターを務めました。

※「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」は、柿崎芽実とWセンター

当時は、けやき坂46と欅坂46を兼任していましたね。

2017年9月に欅坂46の専任が決定し、けやき坂46を離れ、2019年7月に欅坂46も卒業しています。

柿崎芽実


「ひらがなけやき」(1st)、「誰よりも高く跳べ!」(2nd)で、長濱ねるとWセンターを務めています。

2019年8月にけやき坂46を卒業しました。

<スポンサードリンク>



日向坂46のセンターは佐々木美玲が続ける?歴代センターは誰?のまとめ

日向坂46のセンター佐々木美玲さんと歴代センターについてまとめました。

佐々木美玲さんは、けやき坂46時代にセンターを務めた経験がありました。

小坂奈緒さんの涙が物語るように、センターにはかなりのプレッシャーがありますよね。

佐々木美玲さんが日向坂46のセンターを続けていくのでしょうか。

また、歴代センターを見ても、けやき坂46時代からセンターは曲ごとに入れ替わっています。

今後、日向坂46のセンターも曲ごとに入れ替えることになるのでしょうか。

今後の新曲発表とセンターが誰になるのかが注目ですね。

引用:https://www.keyakizaka46.com/s/k46o/page/portrait_hiragana_001_30?ima=0000