ヒカキンの年収はいくら?総資産が100億の噂は本当?

ヒカキン年収

ヒカキン(HIKAKIN)さんは、日本を代表する有名なYouTuberですよね。

ヒカキンさんが配信するYouTubeは、再生回数が驚くほど高いです。

そこで気になるのが、ヒカキンさんの年収です。

ヒカキンさんの年収は、いくらくらいなのでしょうか。

ヒカキンさんの年収について、調べてみました。

目次

<スポンサードリンク>



ヒカキン(HIKAKIN)の年収はいくら?

ヒカキンさんの年収は、どのくらいなのでしょうか?

まずは、ヒカキンさんの月収を調べてみます。

ヒカキンの月収はいくら?

ヒカキンさんの月収は、最低でも約4,000万円だと考えられます。

ただし、ヒカキンさんは収入金額を公表していないので、あくまでも推測の金額です。

この月収は、YouTubeだけではありません。

実は、ヒカキンさんには、いくつもの収入源があるんです。

どんな収入源があるのかをまとめてみました。

ヒカキンの収入源①YouTubeの広告収入(「HikakinTV」)

ヒカキンさんは、YouTube「HikakinTV」の広告収入で、月収約750万円稼いでいます。

YouTubeの広告収入は、通常は、1再生につき0.05円~0.1円です。

動画1本あたりの再生回数は100~500万回だとすると、平均約300万回以上再生されていることになります。

また、「HikakinTV」の動画投稿回数は、平均で月25回ほどです。

つまり、再生回数300万回×0.1円×月25回の投稿=約750万円という計算になります。

ヒカキンさんのようなトップYouTuberの場合は、単価がもっと高いこともあります。

最低でも約750万円の月収ということになります。

ヒカキンの収入源②YouTubeの広告収入(「HikakinGames 」)

ヒカキンさんは、「HikakinTV」の他にもチャンネル「HikakinGames 」があります。

「HikakinGames 」の広告収入は、月収で約300万円です。

再生回数は、1動画あたり50~200万回だとすると、約150万回程度は再生されているはずです。

「HikakinGames」の動画投稿回数は、平均で月20回です。

再生回数150万回×0.1円×月20回の投稿=約300万円となります。

ここでも、最低でも300万円の月収ということになります。

ヒカキンの収入源③企業案件

ヒカキンさんは、企業案件として、月に1,500万円の収入があると言われています。

企業案件とは、企業から直接商品のPRしてもらうように依頼されて、ヒカキンさんが紹介することです。

ヒカキンさんは、「HikakinTV」や「HikakinGames」といったチャンネルがあるので、それぞれ企業の商品PRを行っています。

「HikakinTV」は約1,000万人、「HikakinGames」は約500万人のチャンネル登録者数です。

仮に、1,500万人(チャンネル登録者数)×1(企業単価)とすると、1案件で1,500万円となります。

企業案件が月1回受けていると考えると、2つのチャンネルで、約1,500万円の収入となります。

企業案件の場合も単価が決まっていないので、最低でも1,500万円ということになります。

ヒカキンの収入源④企業コラボ

ヒカキンさんは、キャラクターとして企業とコラボし、商品を発売しています。

ヒカキンさんが企業コラボした場合の相場は、約1,000万円だと言われています。

2021年は、不二家など4つの企業から、コラボ商品を発売しました。

1,000万円×4企業=約4,000万円だと、推定できます。

ヒカキンの収入源④「株式会社UUUM」

ヒカキンさんは、「株式会社UUUM」から年に1000万円~2000万円ほどの収入があります。

それは、ヒカキンさんがYouTuber専門の事務所「株式会社UUUM」の最高顧問だからです。

「株式会社UUUM」の社長は、年収約2000万円以上と言われています。

最高顧問のヒカキンさんも1000万円以上は、報酬があると考えられています。

ヒカキンの収入源⑤テレビやCM出演

ヒカキンさんは、テレビ番組やCMに多く出演しています。

テレビ番組出演の際、1本当たりのギャラは、200万円です。

また、CM出演のギャラは、1本あたり1,000万円ほどだと言われています。

2021年のヒカキンさんは、9本のテレビ番組・4本のテレビCMに出演しています。

テレビ番組の収入で1,800万円、CM出演の収入は4,000万円だと考えられます。

ヒカキンの収入源⑥音楽活動

ヒカキンさんは兄のSEIKINさんと、音楽活動を行っています。

その音楽活動の収入は、年間で約1,000万円だと言われています。

ヒカキンさんの曲は、YouTubeの再生回数が1億再生を超えるほどの人気です。

他にも、音楽収入として、音源のダウンロード料やカラオケの収入などがあります。

ヒカキンの収入源⑦InstagramやTikTok

ヒカキンさんは、YouTubeの他に、InstagramやTikTokでも活動を行っています。

どちらも企業案件があり、合わせて月に約100万円ほどの収入があると言われています。

また、TikTokのLIVEには、投げ銭機能があります。

投げ銭機能は、大きな収入源のひとつですよね。

<スポンサードリンク>

ヒカキンの年収はいくら?

ヒカキンさんの年収は、約5億円です。

収入源を合計すると約3,700万円になりました。

①YouTube「HikakinTV」:750万円

②YouTube「HikakinGames 」:300万円

③企業案件:1,500万円

④企業コラボ:330万円/月(年間4,000万円)

⑤「株式会社UUUM」報酬:150万円/月(年間1,800万円)

⑥出演料:480万円/月(年間5,800万円)

⑦音楽印税:80万円/月(年間1000万円)

⑧SNS:100万円

最低額で計算しているので、実際は、月収が4000万円以上ある可能性が高いです。

1年間で計算すると年収4億8000万円以上と考えられます。

ヒカキンの総資産が100億という噂は本当?

「ヒカキンの総資産は、100億円ある」という噂があります。

この噂は、本当なのでしょうか?

ヒカキンの総資産は100億円?

ヒカキンさんは、総資産の金額を公表していません。

そのため、ヒカキンさんに100億円の総資産があるのか、不明です。

ただ、家賃300万円のマンションに住んでいることや、何千万円する高級時計を所有しています。

このことから、かなりの資産を持っていることは間違いなさそうですよね。

総資産100億円の噂はどこから?

総資産100億円の噂は、ヒカルさんが公開したYouTube動画が関係しています。

ヒカキンさんは、2019年に再生回数が100億回を突破したことを記念して、動画を配信しました。

この動画の「100億」の部分だけがピックアップされ、いつの間にか「総資産が100億円」と噂が広まってしまったようです。

<スポンサードリンク>



ヒカキンの年収はいくら?総資産が100億の噂は本当?のまとめ

ヒカキンさんの年収について、調べてみました。

ヒカキンさんの年収は、推定で約5億円です。

また、ヒカキンさんの総資産については、公表していないため不明でした。

年収が5億円なんて、想像ができないくらい桁違いな収入ですよね。

さすが、日本を代表するトップYouTuberですよね!

引用:https://uuum.jp/

スポンサードリンク



シェアお願いします!
目次
閉じる