半沢直樹2の最終回ネタバレ!衝撃のラストは?

ドラマ「半沢直樹」の人気そのままに、「半沢直樹2」も人気作になりましたね。

「半沢直樹2」の原作になっているのは、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」です。

恐らく、ドラマ「半沢直樹2」の最終回は、「銀翼のイカロス」のラストまでストーリーが進む可能性が大です。

原作「銀翼のイカロス」は、半沢直樹が親会社である東京中央銀行の営業第二部に復帰するところから始まっています。

「銀翼のイカロス」のラスト、つまり「半沢直樹2」の最終回がどうなるのかをまとめました。

ネタバレになるので、知りたくない人は、注意してくださいね。

\「半沢直樹2」をもう1度見るならこちら!/

無料体験公式ページへ

簡単登録!2週間無料体験!!

<スポンサードリンク>



帝国航空の再建の行方は?

半沢直樹2最終回ネタバレ1

引用:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/

半沢直樹2の最終回は、半沢直樹が託された「帝国航空の再建」がどうなるかです。

<スポンサードリンク>



帝国航空の再建の行方は?

帝国航空の再建を目指していた半沢直樹(堺雅人)ですが、立ちふさがるのは、新たに国土交通大臣に就任した元女子アナの白井亜希子(江口のりこ)です。

白井大臣が、半沢たちの再建案を白紙にすると発表します。

更に、東京中央銀行の前身である旧東京第一銀行時代に行われた不正融資問題も発覚します。

半沢直樹に突き付けられた選択肢は2つ!

1つ目は、白井大臣の案を飲んで「多額の債権放棄」をする。

2つ目は、債券放棄をしない代わりに、東京中央銀行の「スキャンダルによる罰を受ける」かの苦渋の選択です。

半沢直樹が選んだのは、「スキャンダルによる罰を受ける」でした。

<スポンサードリンク>



2択を迫られた経緯は?

半沢直樹2相関図

帝国航空の再建を目指していた半沢直樹が、選ぶことになってしまった選択肢の詳細をまとめました。

<スポンサードリンク>



多額の債権放棄

白井大臣は、帝国航空を救うという名目で自らの私設機関である「帝国航空再生タスクフォース」を設立します。

そして、東京中央銀行に対して、帝国航空への債権の70%を放棄するように要求してきました。

債権の70%は、金額にすると「約500億円」もの金額になります。

しかし、東京中央銀行には、簡単に断れない理由がありました。

それは、白井大臣の後ろ楯が、進政党の重鎮である箕部(柄本明)だったことです。

さらに、「帝国航空再生タスクフォース」のリーダーになったのが、企業再建を担当する敏腕弁護士の乃原(筒井道隆)だったんです。

国家権力を盾にして、債権放棄を要求されているため、東京中央銀行として簡単に断ることができなかったんです。

<スポンサードリンク>



スキャンダルによる罰をうける

半沢直樹相関図2

東京中央銀行のスキャンダルとは、前身である旧東京第一銀行時代に行われた不正融資問題です。

旧東京第一銀行から進政党の箕部に20億円もの大金が、不正融資されていたんです。

この融資を元手を増やした箕部は、その中から選挙資金も出していたんです。

このスキャンダルが公表されれば、箕部たちも追及を免れないのですが、東京中央銀行も罰を受けることになります。

<スポンサードリンク>

最終判断!

半沢直樹2の最終回ネタバレ2

この難しい選択を決めたのはなぜでしょうか。

<スポンサードリンク>



中野渡頭取の決断

中野渡頭取(北大路欣也)は、半沢直樹の先輩にあたる富岡を使って旧銀行の問題融資を再調査させていました。

冨岡からの調査結果を聞いた中野渡頭取は、東京中央銀行の膿を出すべきだと決意します。

そして、乃原からの要請であった頭取ではなく、半沢直樹を記者会見に向かわせたんです。

<スポンサードリンク>



決断の結果は?

中野渡頭取は、銀行を去ることになります。

富岡にも出向の辞令が下ることになりました。

半沢直樹は、「中野渡頭取や富岡の後を引き継ぐ」と誓ったのでした。

<スポンサードリンク>



半沢直樹2の最終回ネタバレ!衝撃のラストは?

半沢直樹2の最終回のネタバレを原作を元にまとめました。

巨大な相手に一歩も引かずに立ち向かう「正に半沢直樹」というストーリーですね。

半沢直樹2では、最後は、頭取が辞任するところまで事態が発展しています。

相手が国家権力となってくると銀行のトップの進退まで左右するというスケールの大きな話になっています。

そんな状況でも半沢直樹は半沢直樹でしたね。

 

\「半沢直樹2」をもう1度見るならこちら!/

無料体験公式ページへ

簡単登録!2週間無料体験!!