双子座流星群兵庫県

双子座流星群を兵庫県で見るなら、どこが一番いいと思いますか?

双子座流星群は、見える確率が高い流星群の1つです。

しかし、見る場所によっては、見える確率が変わってきます。

つまり、見る場所が重要なんですよね。

せっかくなので、よく見えるところで見たいですよね。

そこで、2020年に兵庫県で双子座流星群を見るときのおすすめや穴場スポットをまとめました。

タイミングも重要なので、「いつ・どこで見ればいいのか」をご紹介していきます。

<スポンサードリンク>



2020年の双子座流星群を見るベストのタイミングは

ペルセウス流星群

まず、双子座流星群を見るなら、双子座流星群の活動が最も活発になる「極大」のタイミングがベストです。

2021年の双子座流星群の極大の時期はいつ?

双子座流星群の極大の時期と時間は、2021年12月14日16時頃です。

16時だと昼間なので、見えにくいですよね。

では、双子座流星群がピークで、おすすめの時間帯とは何時なんでしょうか。

双子座流星群がピークになる時間帯は?

双子座流星群のピークの時間帯は、深夜2時から5時の間です。

この時期が最も多く流れ星が見られるタイミングなので、双子座流星群を見るならこの日程がおすすめです!

では、双子座流星群は、どこで見ればいいのでしょうか。

2021年の双子座流星群を見るベストの方角は?

双子座流星群方角1

引用:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/geminid.html

次に、双子座流星群を見るには、どの方角に注目すればいいのかについてまとめていきます。

<スポンサードリンク>

双子座流星群が見える方角は?

双子座流星群方角2

双子座流星群は、放射点から流れ星が流れ始めます。

放射点がどこかわからないという人も多いですよね。

しかし、双子座流星群は流れる星の数が多いため、空全体を眺めていれば、見ることができるんです。

つまり、双子座流星群の放射点の方向が分からなくても空全体を眺めていれば、見ることができるんです。

<スポンサードリンク>



双子座流星群を兵庫県で見るおすすめスポットは?

ペルセウス座流星群おすすめ大阪

まず、兵庫県で双子座流星群が見えやすい場所をまとめていきます。

明石公園(あかしこうえん)

ペルセウス流星群を兵庫県で見る

神戸市内からも1時間以内で行くことができるスポットです。

明石公園の近くには、明石市立天文科学館もあり、天体観測と関係が深い場所です。

残念ながら、明石市立天文科学館で双子座流星群のイベントは予定されていないので、公園から双子座流星群を楽しみましょう。

アクセス

西はりま天文台

ペルセウス流星群を兵庫県で見る2

姫路から北に進んだ作用町にあるのが、西はりま天文台です。

西はりま天文台も天体観測にはおすすめの人気スポットです。

年によっては、双子座流星群のイベントも行われています。

アクセス

西はりま天文台

URL:http://www.nhao.jp/

<スポンサードリンク>



双子座流星群を兵庫県で見る穴場スポットは?

ペルセウス流星群穴場スポット

穴場スポットは、市内から少し離れた場所にあるので、注意して向かいたいですね。

しかも、双子座流星群の時期は、とても寒いため防寒具必須です。

六甲山(ろっこうさん)山頂

夜景スポットとしても人気の六甲山山頂は、双子座流星群を見るときにも穴場のスポットです。

山頂ということで市街地から離れていますし、高い場所から空を見ることができます。

アクセス

摩耶山(まやさん)

摩耶山も六甲山と同じく夜景のスポットとして人気があります。

掬星台(きくせいだい)からの夜景は、一度は見ておきたい夜景の1つです。

六甲山同様に、高い位置から夜空をみることができるので、流星群を眺めるにはぴったりですね。

アクセス

<スポンサードリンク>



双子座流星群2021年版!兵庫で見える場所や穴場スポットは?のまとめ

双子座流星群を兵庫県で見るときの「おすすめスポット」や「穴場スポット」をまとめました。

ぜひ、双子座流星群を見るときの参考にして下さいね。

それぞれのスポットに向かう前には、事前にホームページを確認しておくと安心です。

夜に移動することも多いので、怪我には注意して双子座流星群を楽しみましょう!

もちろん、防寒具の用意は忘れずに!!