双子座流星群2020年最新情報!流れ星を見るチャンス?

双子座流星群は、三大流星群として人気がある流星群の1つです。

「流れ星」がたくさん流れる流星群を見たい人は多いですからね。

特に、双子座流星群の時期は、冬なので夜空が綺麗な時期でもあります。

まだ見たことがない人は、今年は、見ておきたいところですよね。

そこで、2020年最新の双子座流星群についてまとめました。

<スポンサードリンク>


双子座流星群とは

双子座流星群

 

双子座流星群を見る前に、双子座流星群について簡単に知っておきたいですね。

双子座流星群の名前

双子座の付近から流れ星が流れ始めるため、双子座の名前を取って双子座流星群と呼ばれています。

双子座はどこにある?

双子座流星群放射点

 

 

引用:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/12-topics01.html

星座に詳しくないと双子座がどこにあるのかが分からないですよね。

しかし、双子座がどこにあるかわからなくても大丈夫です。

その理由は、空を眺めていれば、流れ星を見ることができるからです!

しかし、流れ星が流れ始めるのが、双子座付近なので、大まかな位置を知っておくほうが早く気付くことができるかもしれません。

双子座流星群の特徴

流星群の中でも流れ星の数が多いことが特徴です。

1時間あたりに50~60個も流れ星を確認できるほどです。

これだけ流れれば、1つぐらい見ることができそうですね。

冬の流星群として双子座流星群が人気の理由は?

双子座流星群は、冬の流星群として人気が高いです。

その理由は、もちろん、流れ星の数が多いことです。

望遠鏡などの機器を持っていなくても、肉眼でも見ることができるのはうれしいですね。

<スポンサードリンク>


双子座流星群はいつ?

ペルセウス流星群はいつ

双子座流星群が見える時期は?

12月12日から12月14日の期間が双子座流星群が見える時期です。

この3日間が双子座流星群を見ることができるチャンスです。

しかし、時期によって見ることができる可能性が変わってきます。

では、双子座流星群が、最も見える時期はいつなんでしょうか。

双子座流星群の極大期はいつ?

双子座流星群が最も見える時期は、極大期と呼ばれています。

2020年の極大期の目安の時期としては、「12月14日の10時ごろ」と言われています。

2020年の双子座流星群を見るならいつがいい?

2020年に最も双子座流星群が見やすいと言われているのは、「12月14日の明け方」です。

双子座流星群を見るなら、このタイミングを逃さないようにしたいですね。

双子座流星群が見られる場所はどこ?

ペルセウス流星群が見れる場所は

双子座流星群は、日本国内のどこからでも見ることができるのでしょうか。

双子座流星群は日本中で見ることができる?

双子座流星群は、日本中で見ることができます。

見る場所によっては、多少差はありますが、見ることができます。

地域別オススメスポットは?

地域別のおすすめスポットをまとめました。

関東

東京で双子座流星群を見るならここ

神奈川県で双子座流星群を見るならここ

東海

愛知県で双子座流星群を見るならここ

関西

大阪で双子座流星群を見るならここ

京都府で双子座流星群を見るならここ

兵庫県で双子座流星群を見るならここ

中国・四国

広島県で双子座流星群を見るならここ

九州

福岡県で双子座流星群を見るならここ

<スポンサードリンク>


双子座流星群2020年最新情報!流れ星を見るチャンス?のまとめ

双子座流星群についてまとめました。

2020年は、12月12日~14日が双子座流星群を見るチャンスです!!

夜空をみることがない人もこの機会に、夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

流れ星を見ることができるかもしれませんよ。

タイミングが合う人は、穴場スポットで大量の流れ星を満喫してみるのもいいのではないでしょうか。

12月はどこで見るにしてもかなり冷え込みます。

防寒対策は忘れないようにしたいですね。

<スポンサードリンク>