梅雨入りはいつ九州北部

雨でじとじとしてくるとあの季節が近いかもしれませんね。

梅雨は、毎年やってきますからね。

毎日嫌になる梅雨が、そろそろ来るかもしれません!

気になる2021年の九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)の梅雨入りがいつ頃なのか過去のデータから予想していきます。

<この記事の関連記事はこちら>

梅雨の湿気対策グッズ【2021年最新】!嫌なじめじめも今年は快適に!

<スポンサードリンク>




2021年の九州北部の梅雨入り予想は?

梅雨入り

2021年の九州北部の梅雨入りはいつになるのでしょうか。

2021年九州北部の梅雨入り時期は

九州北部の梅雨入りは、6月5日頃になりそうです。

梅雨入りが多少ずれることもありますので、2021年の目安は、5月30日~6月12日頃になりそうです。

平年であれば、6月に入ったら、梅雨入りする可能性が高いということですね。

<スポンサードリンク>




九州北部の梅雨入り日の早かった年や遅かった年はいつ?

梅雨の湿気対策

過去のデータから、九州北部の過去の梅雨入り日についてまとめていきます。

<スポンサードリンク>

九州北部の最も早い梅雨入り日

九州北部で最も早い梅雨入り日は、1954年の5月13日頃です。

ゴールデンウィークが終わったらすぐに梅雨になった年があったということなんです。

九州北部の梅雨入りは、この年以外は、早くても5月後半でした。

5月に梅雨入りした年も少ないので、基本的には、6月に入ってから梅雨入りすることが多いですね。

九州北部の最も遅い梅雨入り日

九州北部北部の最も遅い梅雨入りは、2019年の6月26日でした。

それまでの九州北部の最も遅い梅雨入り日は、1967年6月22日でしたが、その記録を更新しました。

そもそも、九州北部の梅雨入りが6月後半まで遅れる年も多くありません。

大半の年は、6月中旬には梅雨入りしていました。

<スポンサードリンク>




梅雨入りはいつ?2021年九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)の予想日は!のまとめ

九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)の梅雨入りが2021年はいつ頃になりそうなのか予想日についてまとめてきました。

2021年、九州北部の梅雨入りの予想は、6月5日頃になりそうです。

過去のデータを調べてみると九州北部の梅雨入りは、6月初旬から中旬の年が多いということがわかりました。

梅雨を心待ちにしている人は多くないかもしれません。

しかし、いつ頃梅雨になるのかが分かっていれば梅雨の準備ができますよね。

<この記事の関連記事はこちら>

梅雨の湿気対策グッズ【2021年最新】!嫌なじめじめも今年は快適に!

梅雨明けはいつ?2021年九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)の予想日は!

梅雨で外出できない時におすすめの無料サービスとは?

外出できないと家で過ごす時間が多くなります。

そんなときに、おすすめなのが、動画配信サービスです。

その中でもおすすめなのがU-NEXTです。

詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。

梅雨でも無料で楽しめるU-NEXT