競馬

ディープインパクト産駒が英オークスを圧勝したと報道されています。

優勝しただけでもすごいのに着差が16馬身でした。

16馬身とはどれくらいの差なんでしょうか。

気になるレース動画をまとめました。

ディープ産駒が英オークスを圧勝した動画!スノーフォールとディープインパクトと似てる?についてまとめていきます。

<スポンサードリンク>



ディープインパクト産駒が英オークス16馬身差V!


2021年6月5日に行われた英オークスで、優勝したのは、ディープインパクト産駒のスノーフォールでした。

ディープインパクト産駒スノーフォール優勝の報道!

海外競馬のG1英オークス(芝2410メートル)は4日、日本生まれのディープインパクト産駒スノーフォール(牝3、A.オブライエン)がレース史上最大着差となる16馬身差の圧勝を演じた。圧巻のレース映像はネット上で瞬く間に反響を呼び、英メディアも「242年の歴史で最大着差」「6月に雪が降るかも」と衝撃が走っている。

引用:日本生まれのスノーフォールが歴史的快挙

G1オークスで優勝したのは、ディープインパクト産駒のスノーフォールでした。

優勝したのはすごいですが、騎手がデットーリで、厩舎がA、オブライエンというのもすごいですね。

しかも、16馬身差の圧勝だったとか。

<スポンサードリンク>

16馬身差でスノーフォールが勝った動画は?


1頭だけ次元が違う脚で駆け抜けていきましたね。

やはりディープインパクト産駒ですね。

英オークス優勝のスノーフォールとディープインパクトと似てる?


ディープインパクト産駒のスノーフォールとディープインパクトは似てるんでしょうか。

ディープインパクトのダービー優勝動画

ディープインパクトが日本ダービーを勝ったときの差が5馬身でした。

スノーフォールの走り方は、どことなくディープインパクトと似ていますよね。

ディープインパクトが勝ったダービーが5馬身でした。

それでも、かなり差がありましたが、スノーフォールの16馬身差はすごすぎますね。

<スポンサードリンク>



ディープ産駒が英オークスを圧勝した動画!スノーフォールとディープインパクトと似てる?のまとめ

ディープインパクト産駒のスノーフォールが英オークスを圧勝したという報道がありました。

ディープインパクト産駒が優勝したのもすごいですが、16馬身はすごすぎますね。

2頭のレースを比べてみると走り方もディープインパクトに似ている気がしますね。

スノーフォールは、騎手も厩舎も凱旋門賞に何度も勝っているコンビなので、今年の凱旋門賞に出走すれば有力候補になりそうですね。