男性が家族の話をするのは脈なしのサイン?脈ありの判断方法は?

男性が家族の話は脈無し

気になっている男性から「家族の話」をされたら、ちょっと距離が近いづいていると感じる方もいるのではないでしょうか。

家族の話は、プライベートの内容なので、人によってはなかなか話さない話題ですからね。

しかし、男性が家族の話をするのは、「脈なしのサイン」といわれることもあります。

本当に、男性から家族の話をされると脈なしなんでしょうか。

そこで、男性が家族の話をするのは、「脈なしのサイン」なのか、それとも「脈ありのサイン」なのかを調べてみました。

\初回なら最大21000円分無料で占える!/
彼氏の本心を占いで聞いてみませんか?

鑑定料最大50%OFFクーポン特典がお得
今なら3000円分クーポンプレゼント中
>>>今すぐ公式サイトへ<<<

目次

男性が家族の話をするのは脈なしのサイン?

実は、男性が家族の話をしたときに、「脈あり」と「脈なし」を判断基準があります。

その基準とは、その男性が「既婚者」か「独身」かなんです。

では、男性が既婚者の場合と、独身の場合に分けてまとめていきます。

①独身男性が家族の話をするのは脈なし?

独身男性が家族の話をする場合は、脈ありの可能性があります。

何故なら、「家族の話」というプライベートな話をするということは、それだけあなたのことを信頼している可能性が高いからです。

しかし、信頼されているからこそ家族の話をされているのであって、恋愛感情があるとまでは言えないので、注意が必要です。

②既婚男性が家族の話をするのは脈なし?

既婚男性が、家族の話をする場合、脈なしの可能性が非常に高いです。

ただし、男性が話す内容によります。

例えば、家族の話が幸せな内容だった場合です。

もし、家族の話の内容が奥さんの愚痴など不満だった場合は、脈なしの可能性がぐっと下がります。

家族の話が不満だった場合は?

もし、男性が、奥さんの愚痴を話す場合は、脈ありの可能性が非常に高くなります。

それは、「今の奥さんと別れたい」という男性の本音が隠されている場合があるからです。

独身になる可能性をあなたに伝えようとしていると考えることもできます。

男性が家族の話をする内容がポイント?

男性が家族の話をした際、「誰の話をしたか」によって男性の心理は変わります。

話をした相手別にまとめていきます。

①奥さん

男性が奥さんの話をした場合は、その話の内容によって「脈あり」と「脈なし」が変わります。

家族の話の内容が、不満や愚痴だった場合は、脈ありの可能性が高くなります。

反対に、奥さんを褒めるような内容の場合は、脈なしの可能性が高くなります。

男性が奥さんの話をする場合は、その内容に注意したいんですね。

②子供

既婚者である男性が子供の話をしてきた場合、脈なしと考えた方がいいですね。

特に、子供について嬉しそうに話している場合、家族仲が非常に良好だと考えることができます。

そのため、既婚男性が嬉しそうに子供の話をしてきた場合は、無理に男性にアプローチすることは避けた方がいいですね。

③母親

もしも、男性が母親について妙に褒めたり、無邪気に話していたりする場合、マザコンの可能性があります。

何故なら、成人男性が他人と話す際に無邪気に母親のことを褒めることは、なかなかないからです。

脈なしと判断することはできませんが、付き合ったとしても母親と常に比較されてしまうかもしれないので注意が必要です。

しかし、普通に世間話として母親の話題を出す程度であれば、特に気にすることはありません。

④その他の家族の話

男性が奥さんや子供、母親以外の家族の話をする場合は、それだけでは、脈あり・脈なしの判断が難しいです。

ただし、男性が家族の話をするのは、信頼している相手の場合が多いです。

少なくともあなたは、男性に信頼されている可能性があるということです。

これから男性との距離が縮まっていく可能性もあります。

男性が家族の話をするのは脈なしのサイン?脈ありの判断方法は?のまとめ

男性が家族の話するのは脈なしのサインなのかをまとめました。

気になる男性から家族の話をされると、「脈あり」か「脈なし」かが、気になってしまいますよね。

しかし、男性が既婚者と独身では、判断基準が違いました。

また、男性が家族の誰の話をするかによっても「脈あり」か「脈なし」の可能性に違いがありました。

「脈あり」か「脈なし」かもっと知りたい方は、占ってもらうという方法もありますよ。

\初回なら最大21000円分無料で占える!/
彼の心理を知りたい女性必見!

鑑定料最大50%OFFクーポン特典がお得
今なら3000円分クーポンプレゼント
>>>今すぐ公式サイトへ<<<

スポンサードリンク



目次