分杭峠がゼロ磁場パワースポット!人気の秘密は?

パワースポットとして注目されているが、分杭峠(ぶんぐいとうげ)です。

なぜ、分杭峠が注目されているのかというと「分杭峠が特別な場所」だからです。

実は、分杭峠は、ゼロ地場と呼ばれる場所なんです。

ゼロ地場は、普通のパワースポットにもまして強力なパワースポットと考えられています。

今回は、強力なパワースポットである「ゼロ地場の分杭峠」の秘密に迫ります。

<スポンサードリンク>



ゼロ磁場の分杭峠とは?

ゼロ地場の分杭峠とはどんなパワースポットなんでしょうか。

分杭峠とは?


分杭峠(ぶんぐいとうげ)とは、長野県の伊那市と下伊郡大鹿村の郡境にある峠です。

中央構造線という日本最大の巨大な断層の上にあるこの峠は、標高1,424mの山の上にあります。

ゼロ地場が発見されたことによって、強力な力があるパワースポットとして有名になりました。

ゼロ磁場とは?

ゼロ磁場とは、磁気のN極とS極が互いに作用しあい、大きな磁力エネルギーを生む場所のことです。

普通は、コンパスを使うと一定の方角を指しますよね。

それは、コンパスの針が地場からの磁力で、N極とS極に反応しているからです。

しかし、ゼロ地場の場合は、磁場がないため、コンパスの針が一定方向を指さない現象が起こるそうです。

そういう不思議な現象が起こることからもゼロ磁場は、他のパワースポットとは一味違い、大きなエネルギーを秘めている場所なのです!

分杭峠のゼロ磁場パワースポットは何がすごい?

分杭峠の一体なにがそんなにスゴイのでしょうか?

ここがスゴイ!①:巨大なエネルギーが集まる場所

分杭峠のある中央構造線は質の異なる断層がぶつかってできています。

地質の大きなエネルギーがぶつかり合ってでできていると言えます。

それに加えてゼロ磁場もあることことから、とても巨大なエネルギーがある場所だと言われています。

ここがスゴイ!②:世界有数のパワースポットにも匹敵する場所

中国には、蓮花山という世界有数のパワースポットがあります。

中国では、蓮花山は、「人が幸せになれる場所」と言われています。

実は、この蓮花山も分杭峠と同じゼロ地場のパワースポットなんです。

この蓮花山を発見したのが、気の研究をする政府公認団体に所属している張志祥さんという中国の気功師なんです。

その張さんから、蓮花山に匹敵するとお墨付きをもらったのが、分杭峠なんです。

ここがスゴイ!③:不思議な現象が起こる

ゼロ磁場では人によって様々ですが、心が安らいだり、手がピリピリするといった不思議な現象が起こります。

<スポンサードリンク>


分杭峠のゼロ磁場パワースポットへ行ったらココがおすすめ!

分杭峠へ行ったら外せない場所をご紹介します。

ちゃんとチェックして、確実にパワーをもらいましょう!

おすすめのポイント①:パワーを感じる「ゼロ磁場」

まずは、なんといっても「ゼロ磁場」です。

気の力を感じながら、リフレッシュしましょう。

おすすめのポイント②:水汲み場

ゼロ磁場の近くに、気が入った水が汲める「水汲み場」があります。

無料で持ち帰ることができるので、ペットボトルなどに汲んではいかがでしょうか?

人によっては「触ってみるとピリピリする」という方もいます。

ただし、飲用ではないので飲まないでくださいね!

おすすめのポイント③:磁場坂


伊那市の隣にある「大鹿村」は分杭峠のゼロ磁場エネルギーがある場所として、密かに人気があります。

特に人気なのが、「磁場坂」と呼ばれる坂です。

この坂は分杭峠のゼロ磁場以上にエネルギーがあると言われている、知る人ぞ知るパワースポットです。

分杭峠のゼロ磁場パワースポットへの行き方と詳細


分杭峠の行き方や詳細をご紹介します。

山の方にあるので、しっかりと確認してから行って下さいね。

分杭峠のゼロ磁場パワースポットへの行き方


・車:自動車道伊那IC、諏訪ICを降りて「分杭峠ふもと粟沢駐車場」へ。

(分杭峠へは自家用車で行けません。駐車場から出ている無料のシャトルバスを利用しましょう。)

・バス:JR飯田線「伊那市駅」から路線JRバス「高遠駅」下車、「高遠駅」から路線バス「長谷循環バス」に乗って「上村」で下車、そこから徒歩30分でシャトルバス乗り場に到着

・タクシー:JR飯田線「伊那市駅」から約1時間

分杭峠のゼロ磁場パワースポットの詳細

・住所:長野県伊那市長谷市野瀬

・TEL:0265-98-3130(伊那市役所 商工観光部 山岳高原観光課 山岳高原観光係へ繋がります)

 

<スポンサードリンク>



分杭峠と同じゼロ磁場パワースポットは他にどんなところがある?

他にもゼロ磁場がある場所は他にもあります!

その中から今回は3か所ご紹介します。

伊勢神宮(いせじんぐう):三重県


1つ目は三重県にある伊勢神宮です。

ゼロ磁場のエネルギーが集まっているのが、別宮である「瀧原宮(たきはらのみや)」です。

参道を少し歩くと見える「ねじれた杉の木」がある場所が、ゼロ磁場の目印だと言われています。

高野山(こうやさん):和歌山県

紅葉高野山

引用:http://www.koyasan.or.jp/meguru/

2つ目は和歌山県にある高野山です。

弘法大師が真言宗を確立したことでも知られている山です。

山全体が大きな力を持っていると言われています。

百間滝(ひゃっけんだき):愛知県

3つ目は愛知県にある百間滝です。

分杭峠を越える力が秘められているとも言われています。

ゼロ磁場のエネルギーがあるのが滝です。

湧水を汲むことができるので、とても人気のパワースポットです。

分杭峠が人気!ゼロ磁場パワースポットまとめ

今回は話題の分杭峠のゼロ磁場パワースポットをご紹介しました。

ゼロ磁場の強力なエネルギーと断層の地質エネルギーに満ちた分杭峠は、まさに協力なパワースポットです。

大自然のマイナスイオンとともに、エネルギーをチャージしましょう!

また、分杭峠と同じくゼロ地場のパワースポットもご紹介しました。

歴史的建造物が建っている場所が、ゼロ地場の上ということがわかりました。

偶然なのか、それともゼロ地場と分っていて建造したんでしょうか。

<スポンサードリンク>