ビール

サッポロビールとファミリーマートが共同開発したビール「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」にスペルミスが見つかったと話題になっています。

スペルミスは、「LAGER」と「LAGAR」が違っていたということでした。

スペルミスがあったということですが、「LAGER」や「LAGAR」に意味はあるのでしょうか。

ビールのスペルミス「LAGER」が「LAGAR」に!?意味の違いは何?についてまとめていきます。

<スポンサードリンク>



ビールのスペルミス「LAGER」が「LAGAR」に!?

ビール1

缶ビールに記載する文字が違っていたそうなんです。

ビールのスペルミスの内容は?

サッポロビールとファミリーマートが共同開発し、2021年1月12日から発売予定だった「開拓使麦酒仕立て」が急遽、発売中止になった。本来は「LAGER」と表記すべきところ、「LAGAR」と、スペルを間違えていたのがその理由だ。つまり、「E」と書くべきところを「A」にしてしまった。成分や表示にはまったく問題がないとのこと。

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210110-00217011/

「LAGER」と表記するところを「LAGAR」としてしまたため、EとAが違うということでした。

ビールのスペルミス「LAGER」が「LAGAR」に!?意味の違いは何?

ビール2

「LAGER」が「LAGAR」になると意味がどれくらい違うのでしょうか。

それぞれにどんな意味があるのかを調べてみました。

<スポンサードリンク>

「LAGER」の意味とは

ラガー(ドイツ語: Lager)は、下面発酵で醸造されるビールのスタイル。日本におけるビールの分類では「貯蔵工程で熟成させたビール」のことで「ビールの表示に関する公正競争規約及び施行規則・第4条」によって定義されている。一般に切れのよい苦みとなめらかでマイルドな味わいを持つ。下面発酵で醸造されるビールをラガーと呼ぶのに対し、上面発酵で醸造されるビールはエールと呼ぶ。

引用:Wikipedia

ラガーとは、ビールのスタイルを表すドイツ語だったんですね。

「LAGAR」の意味とは

「LAGAR」の意味は、ワイナリーという意味でした。

ワイナリーとはワインを作る工場や会社のことを指す言葉でした。

ちなみに、「LAGAR」という言葉があったのは、スペイン語でした。

<スポンサードリンク>



ビールのスペルミス「LAGER」が「LAGAR」に!?意味の違いは何?のまとめ

ビールのスペルミス「LAGER」が「LAGAR」に!?意味の違いは何?についてまとめました。

「LAGER」と「LAGAR」の意味について調べてみるとそれぞれに意味がありました。

「LAGER」は、ビールのスタイルを表す言葉で、「LAGAR」はワイナリーの意味がありました。

スペルミスをした「LAGAR」にも意味があったんですね。

意味が違っていても成分に違いがないなら、そのまま販売してもいいようにも思いますよね。

ただ、気になるのは、ビールを販売するときの法律規定に沿っていない可能性があることですね。

販売されるのか、販売中止になるのか気になるところですね。