齋藤飛鳥はドラムがプロ並み?始めたきっかけや演奏動画は?

齋藤飛鳥ドラム

齋藤飛鳥(さいとう あすか)さんは、乃木坂46で活躍している人気アイドルですよね。

小顔で可愛い顔立ちの齋藤飛鳥さん、実はドラムがプロ並みだと話題になっています。

プロ並みと言われているドラムの腕前が、気になりますよね。

そこで、齋藤飛鳥さんのドラムの腕前について、調べてみました。

また、齋藤飛鳥さんがドラムを始めたきっかけについても、調べてみました。

目次

<スポンサードリンク>



齋藤飛鳥はドラムがプロ並み?

齋藤飛鳥さんは、ドラムの演奏がプロ並みなのでしょうか。

齋藤飛鳥のドラム演奏動画は?

齋藤飛鳥さんが、ドラムを演奏している動画です。

リズム感や、音の強弱、両足を使ってのツインペダルなど、ドラムテクニックがすごいですよね。

また、ステック回しも披露していて、圧巻のパフォーマンスです。

<スポンサードリンク>

齋藤飛鳥のドラムはプロ並み?

齋藤飛鳥さんのドラムテクニックは、プロ並みです。

ドラムの実力は高く、驚くほどです。

そこで、ドラムの実力について、まとめてみました。

ドラムの実力①:クリスタルドラム

齋藤飛鳥さんは、ライブでクリスタルドラムを、披露したことがあります。

クリスタルドラムとは、半透明になっているドラムのことで、普通のドラムよりも音が出にくいのが特徴です。

強く叩かないと音がでないので、扱うのがとても難しいと言われています。

ライブでの齋藤飛鳥さんは、クリスタルドラムを難なく叩いていました。

強弱もしっかりとつけて叩いていて、凄いですよね。

ドラムの実力②:ツインペダル

齋藤飛鳥さんは、両足を使ったツインペダルで、バスドラム(足元にある大きなドラム)を演奏しています。

迫力ある演奏ができるツインペダルですが、初心者には扱いが難しいと言われています。

そんなツインペダルでの演奏を、齋藤飛鳥さんは、難なく行っています。

ドラムの実力③:ヒールアップ奏法

齋藤飛鳥さんは、バスドラムを踏む際に、ヒールアップで演奏しています。

ヒールアップとは、足のかかとを上げた状態で、つま先だけで踏み込む奏法です。

ヒールアップでの演奏は、かかとを浮かせているため、身体のバランスが崩れやすく筋力もいります。

そんな難しいヒールアップですが、齋藤飛鳥さんは何食わぬ顔で、演奏していますよね。

乃木坂28thシングルで「泥だらけ」でもドラムを!

乃木坂46の28thシングル「君に叱られた」の収録曲「泥だらけ」のMVでもドラムを披露しています。

<スポンサードリンク>
\キッズ特別価格!/

エピレ(epiler)
\7歳~15歳限定プラン/

齋藤飛鳥のドラム演奏動画にネット上の声は?

齋藤飛鳥さんのドラムパフォーマンスについて、ネット上の声を集めてみました。

「かっこいい」や「上手い」と言った声が、圧倒的ですよね。

齋藤飛鳥がドラムを始めたきっかけは?

プロ並みの腕前を持つ齋藤飛鳥さんですが、ドラムを始めたきっかけは何でしょうか。

ドラムを始めたきっかけは?

齋藤飛鳥さんがドラムを始めたのは、「氣志團」との対バンがきっかけでした。

対バンとは、ミュージシャンがライブを行う際、複数のミュージシャンが共演することです。

2014年に、「乃木坂46」メンバー内で、ロックバンドユニット「乃木團(のぎだん)」が結成されました。

齋藤飛鳥さんは、「乃木團」でドラムに選ばれ、「氣志團」のライブに出演しました。

齋藤飛鳥はブラスバンド経験者?

齋藤飛鳥さんは、小学生の頃、ブラスバンド部に入っていました。

齋藤飛鳥さんが担当していた楽器は、ティンパニです。

ティンパニは、上の画像にあるように、ドラムとよく似ている打楽器だと言われています。

ティンパニでの演奏経験が、ドラムで活かされたのかもしれませんね。

<スポンサードリンク>



齋藤飛鳥はドラムがプロ並み?始めたきっかけや演奏動画は?のまとめ

プロ並みの腕前だと話題になっている、齋藤飛鳥さんのドラムについて調べてみました。

齋藤飛鳥さんのドラムは、リズムも音の強弱も、全てが素晴らしいですよね。

まさに、プロ並みの腕前だと感じました。

特に、ドラムパフォーマンスをしている齋藤飛鳥さんは、かっこいいですね。

これからも、たくさんライブやテレビ番組で、ドラムを披露してほしいですね。

引用:https://www.billboard-japan.com/

\乃木坂46ライブ情報/
乃木坂46ライブ
配信はこちら⇒hulu

スポンサードリンク



シェアお願いします!
目次
閉じる