あまおうの海外持ち出し

あまおうといえば「高級なイチゴ」として有名ですよね。

あまおうは、高級イチゴのブランドとして定着しています。

スーパーで売っていてもちょっと値段が高くて躊躇してしまうぐらいですよね。

そんな、あまおうなどのブランド果実に対して、海外への持ち出しが規制されることになったんです。

あまおうの海外持ち出しが騒がれるのはなぜ?何が問題なの?についてまとめていきます。

<スポンサードリンク>




あまおうの海外持ち出しが騒がれるのはなぜ?

あまおうの海外持ち出し1

あまおうなどの海外持ち出しが決定されて話題になっています。

あまおうの海外持ち出しについての報道は?

 農林水産省は9日、国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じた改正種苗法が今月施行されたのに伴い、持ち出し禁止などになる1975品種を発表した。

引用:「あまおう」海外へ持ち出し禁止 改正種苗法施行で対象品種発表

あまおうを始めブランド果実などの海外持ち出しが禁止されました。

しかし、なぜ、海外への持ち出しを規制する必要があるのでしょうか。

<スポンサードリンク>




あまおうの海外持ち出しが騒がれるのは何が問題?

なぜ

海外への持ち出しがよくないのは、なんとなく悪いイメージがありますよね。

しかし、なぜ海外への持ち出しがよくないのでしょうか。

<スポンサードリンク>

海外で複製されてしまう

理由は、やはり海外でブランド果実が複製されてしまうからというのが1番の理由です。

しかし、海外でブランド果実が栽培されたときに、何か困ることがあるのでしょうか。

輸出金額が下がる

海外で栽培された場合に困るのは、今まで購入してくれていた国が購入してくれなくなることです。

購入しなくても自分で栽培できるようになってしまえば、購入する必要はないですからね。

輸出金額が減れば、生産者さんに入る収入も減ることになってしまいます。

ライバルの出現

購入しなくなるだけでも損失ですが、さらに問題なのが、その国が輸出をし始めることです。

同じ商品を輸出し始めるとライバル関係になりますよね。

もし、日本のあまおうよりも安い金額で販売し始めてしまうと日本のあまおうが売れなくなってしまう可能性があります。

 

技術の流出

ブランド果実が海外に流出すれば、それを使って新しい品種を作ることも可能になります。

日本で苦労して作った品種という技術を盗まれてしまうことになるんです。

<スポンサードリンク>




あまおうの海外持ち出しが騒がれるのはなぜ?何が問題なの?のまとめ

あまおうの海外持ち出しが騒がれるのはなぜ?何が問題なの?についてまとめました。

あまおうなどブランド果実が海外へ持ち出されてしまうと様々な問題が発生します。

海外へ持ち出されても家庭菜園などで作る程度なら影響はないと思いがちですが、大がかりに生産を始めると重要な問題になってくるんです。